メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

アグリゲート全体にどのような影響がありますか。

Views:
46
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

Data ONTAP 7 以前

回答

アグリゲートが 100% フルと表示されている場合は、どうすればよいですか。

Data ONTAP 7G および Data ONTAP 87-Mode でdf -Aは、アグリゲートが 100% フルであることが示されます。例:

storage1> df -A
Aggregate      kilobytes   used        available capacity
aggr0         5238716824  5231747608   6969216    100%
aggr0/.snapshot  275721936   60389932    215332004   22%

clustered Data ONTAP で storage aggregate show は、システム上のアグリゲートのスペース使用状況が表示されます。  例:

cluster1::> storage aggregate show
Aggregate     Size Available Used% State    #Vols Nodes      RAID Status
--------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------- ------------  
aggr0       6.21TB    1.78TB   71% online      49 node0      raid_dp   
aggr1       6.65TB    6.42TB    3% online       4 node1      raid_dp   
aggr2       1.77TB    1.63TB    8% online       1 node2      raid_dp  
aggr3       1.77TB    1.73TB    2% online       2 node3      raid_dp 

4 entries were displayed.

で使用済みスペースが 100% であることを示すアグリゲートdf -Aでは、実際にはスペースの 100% が使用されていない可能性があります。

FlexVol ボリュームまたは LUN でスペースリザベーションが使用されている場合、スペースは予約済みとマークされ、ディスク上のブロックが実際には空きスペースであっても、使用済みスペースとして計算されます。アグリゲートは、現在データを保持していないすべてのブロック(ボリューム保証 FlexVol 内の空きスペース、未使用の Snapshot リザーブ・スペース、 LUN 用の未使用の上書きリザーブ・スペースなど)を、必要に応じて FlexVol に提供する内部プールにプールします。

  • すべての FlexVol が一度にいっぱいになると、ワークロードに応じて問題が発生する可能性があります。
  • すべてのデータが一度に一杯にならない場合でも、問題は発生しません。アグリゲートに空きスペースがある限り、 FlexVol を 100% フルで実行しても問題はありません。

Data ONTAP 7G および Data ONTAP 87-Mode では、アグリゲートの Snapshot 使用率は 5% に制限されています。上記の例では、

  • Snapshot の使用率は 22% で、 5% のうち 22% が使用されています。
  • Snapshot スペースは 275721936 で、全体の 5% であり、 60389932 ( 22% )が使用されています。
    • デフォルト値snap reserve -Aは 5% で、を使用して変更できます。 

アグリゲート Snapshot コピーで使用される実際のスペースと特定のシステムの変更率を監視し、特定のお客様の環境に基づいて最適なリザーブ・スペースを決定できます。  また、上記の例でsnap sched -Aは、がデフォルト( 014@9,1419 )に設定されています。Snapshot の使用率が 22% であることが、 FlexVol のフル機能に寄与しています。

clustered Data ONTAP では、を使用storage aggregate show -percent-snapshot-spaceしてアグリゲートの Snapshot リザーブを表示できます。  パーセントは、storage aggregate modify -percent-snapshot-space percentを使用して変更できます。

Snapshot の使用済みスペースが、割り当てられたスペース( 5% )を十分に超えると、 Snapshot コピーは自動的に削除され、アグリゲートの Snapshot リザーブを超えて拡張されなくなります。  このアグリゲートレベルの動作は、 FlexVol のボリュームレベルの Snapshot の動作とは異なります。この処理はアグリゲートでのみ自動的に実行され、トラディショナル・ボリュームや FlexVol では実行されません。

実際のデータが使用可能なすべてのブロックを消費しているためにアグリゲートがフルになった場合、アグリゲートにホストされている FlexVol もフルと表示されます。  CIFS や NFS などの NAS プロトコルで使用される FlexVol の場合、 FlexVol への書き込みを試行すると、クライアントはディスクフルエラーを受信します。  シンプロビジョニングされた LUN が含まれ、 iSCSI や FCP などの SAN プロトコルで使用されている FlexVol ボリュームの場合、フル容量に達すると LUN はオフラインになります。

Data ONTAP の管理者は、使用可能なストレージスペースを管理する際に、次のようなオプションを使用

  • 将来のストレージのニーズの予測方法によっては、 Data ONTAP 内でクォータを設定して、ユーザが予期しないストレージ使用率を管理できるようにすることができます。 
  • Snapshot スペースの使用状況を監視して、 Snapshot リザーブがオーバー実行されないようにする必要があります。これにより、 FlexVol 内のユーザが使用できる書き込み可能スペースの量が削減されます。 
  • Data ONTAP 7.1 以降には、 FlexVol の自動拡張機能と空きスペースの保持機能が搭載されています。この機能を使用すると、ストレージのニーズに基づいて FlexVol を自動的に拡張し、ボリュームのスペース不足の可能性を減らすことができます。この機能を使用する場合は、 FlexVol のストレージ使用率を、基盤となるアグリゲートで使用可能なスペースと照らし合わせて監視する必要があります。 
    • Data ONTAP 7G および Data ONTAP 87-Mode のスペース管理機能の詳細[1]については、『 Data ONTAP 8.2 Storage Management Guide for 7-Mode 』を参照してください。
    • clustered Data ONTAP の詳細について[2]は、『 clustered Data ONTAP 8.2 Logical Storage Management Guide 』を参照してください。
  • [3]重複排除は、 FlexVol で使用されるスペースの量を削減するためにも使用できます。  重複排除はブロックレベルで機能し、重複するデータブロックを排除します。 
    • 効率的な IT カリキュレータを使用すると、重複排除を使用して削減額を見積もることができ 
    • clustered Data ONTAP の重複排除の詳細[4]については、『 clustered Data ONTAP 8.2 Logical Storage Management Guide 』を参照してください。 
    • Data ONTAP 7G および Data ONTAP 87-Mode[5] については、『 Data ONTAP 8.2 Storage Efficiency Guide for 7-Mode 』を参照してください。
  • Data ONTAP 8.0.1 以降[6]では、 FlexVol でのデータ圧縮をサポートしています。これは、より少ないスペースでより多くのデータを格納できるようにすることで、ストレージ効率を向上させる方法です。  圧縮は、インラインまたはポストプロセスとして設定できます。  データの書き込み中にインライン圧縮が行われます。  ポストプロセス圧縮は、ディスクにすでに書き込まれているデータに対して、優先度の低いバックグラウンドプロセスとして実行されます。 
    • clustered Data ONTAP でのデータ圧縮の詳細[7]については、『 clustered Data ONTAP 8.2 Logical Storage Management Guide 』を参照してください。 
    • Data ONTAP 7G および Data ONTAP 87-Mode[8] については、『 Data ONTAP 8.2 Storage Efficiency Guide for 7-Mode 』を参照してください。
  • LUN オプションspace_allocを使用すると、 LUN が 100% 使用率に達したときにオフラインになるかどうかを制御できます。 
    • この LUN オプションの詳細[9]については、 18 ページの『 Data ONTAP 8.2 SAN Administration Guide for 7-Mode 』を参照してください。