メインコンテンツまでスキップ

アダプティブ QoS とは何ですか?また、どのように機能しますか?

Views:
452
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9.3 以降

回答

  • アダプティブ QoS では、 QoS スループットの下限と上限(最小および最大スロットル制限)を使用して個々のボリュームの上限を設定します。
  • ほぼアイドル状態のワークロードがビジーなワークロードを妨げないようにするために下限が使用されます。
  • アダプティブ QoS は、ボリュームサイズに基づいて動的に設定されます。つまり、 10GB のボリュームのフロアと上限は 10TB のボリュームとは異なります。
  • 用語
    • アダプティブ QoS : 使用または割り当てられたボリュームサイズに基づいて拡張または縮小される動的な QoS の上限と下限
    • Throughput Floor ( Minimum ):締切スケジュールに達しておらず、最適なレイテンシを取得するために必要な IOPS の量。
    • Throughput Ceiling ( Maximum ):ボリュームに割り当てられる IOPS のハードリミット。
    • 想定 IOPS : テラバイトあたりのスループットの下限値。
    • 絶対最小 IOPS : IOPS スループットの下限。想定 IOPS が低くなりすぎて、想定 IOPS やピークを上書きした場合に使用されます
    • :デフォルトのアダプティブ QoS 「値」ポリシーグループがある 10GB のボリュームの場合、必要な IOPS は 1.28 ではなく、 75 IOPS です。
    • ピーク IOPS の割り当て: アダプティブ QoS の値は、ボリュームの使用済みスペースまたは合計スペースに基づいて割り当てることができます。
       
  • デフォルトでは、 3 つのバケットが作成されます。
ポリシーグループ expected-iops の設定を変更します ピーク IOPS absolute-min-iops peak-iops-allocation のようになります
最高レベル TB あたり 6144IOPS/TB 12288IOPS/TB 1 、 000 IOPS 使用済みスペース
performance 2048IOPS/TB TB あたり 4096IOPS/TB 500IOPS 使用済みスペース
value 128IOPS/TB 512IOPS/TB 75IOPS 使用済みスペース
 
 
アダプティブ QoS は、どのようにして調整するかを決定します。
  1. ONTAP 9.6 以前では、アダプティブポリシーに含まれていないボリュームは、 CPU ヘッドルームが 100% を超えている場合にベストエフォートと呼ばれる締め切りスケジューラに入れられます
  2. ONTAP 9.7 以降では、アダプティブポリシーに含まれていないボリュームは、「ベストエフォート」と呼ばれる期限スケジュールに入れられます。
  3. IOPS のあるアダプティブポリシーが設定されたボリュームは、スループットの下限を下回ると、締切スケジュールのベストエフォートに入れられます。
  4. アダプティブポリシーに含まれるボリュームのスループットの下限を超える IOPS は、 QoS によって調整されません。
  5. アダプティブポリシーに含まれるボリュームのスループットの上限で IOPS が調整される。

追加情報

ONTAP のリリースノート:ストレージ QoS 機能のリリース別

アダプティブ QoS に関するドキュメント

スループットの下限に関するドキュメント

比較するためのスペース使用量とスロットリングレベルの追加例を次に示します。

  • 想定 IOPS = 128/TB
  • 最大 IOPS = 512/TB
  • 絶対最小 IOPS = 75
使用済みスペースの割り当てについて、最小 IOPS と最大 IOPS は次のように計算されます。

ボリューム サイズ

データが保存されました

QoS 最小 IOPS

QoS 最大 IOPS

1 GB

0GB

75

75

1TB

0TB

128

128

1TB

1TB

128

128

1TB

.2 TB

128

128

1TB

.3TB

128

154

1TB

0.5 TB

128

256

1TB

1TB

128

512

2TB

2TB

256

1024