メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

クラスタ HA とは何ですか。また、イプシロンを使用して RDB クォーラムを維持するにはどう

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

clustered Data ONTAP 8

回答

システム

の「クラスタ HA 」に影響がある場合は、「 Active IQ 」を確認してください。これは、 2 ノードの clustered Data ONTAP 構成にのみ適用される概念です。「クラスタ HA 」は「ストレージフェイルオーバー HA 」とは異なります。「ストレージ HA 」ペア構成でパートナーノードのディスクをテイクオーバーする 1 つのノードの機能を処理します。ただし、クラスタ HA を適切に設定するには、 2 ノードの clustered Data ONTAP クラスタにマルチパス HA 用にケーブル接続された適切な物理ケーブルが接続されている必要があります。物理ケーブル接続の主な概念、制約事項[1]、およびガイドラインについては、マルチパスおよびデュアルパスケーブル接続の情報、および FAS/V シリーズの各ハードウェアのマニュアルを参照してください。

clustered ONTAP クラスタでは、クラスタ内のすべてのノードがクォーラムにあるかどうかを判断するために、クラスタが使用できる方法が 2 つあります。

2 ノードを超える clustered Data ONTAP 構成
クラスタ内に 2 ノードを超える clustered Data ONTAP 構成の場合、 クラスタ全体では、投票メカニズムを使用してクォーラムが維持されます。各ノードには、レプリケートされたデータベース( RDB マスターとも呼ばれる)のマスターコピー(読み取り / 書き込み)を保持するノードを決定する投票があります。この投票は、クラスタ内のすべてのノードが接続されている専用クラスタネットワークを使用して実行されます。クラスタクォーラムを維持するには、アクティブで相互に通信しているノードの総数の 1/2 を超える必要があります。クラスタ内に偶数のノードがある場合、クラスタ内のノード数の 1/2 がクラスタ内の他の 1/2 のノードからセグメント化される可能性が常にあります。 そのため、このような場合は、クラスタの各半分で、どのノードが RDB マスターであるかを決定する必要があります。ただし、クラスタでクォーラムを維持するために必要なノードの数がクラスタ内の半分を超えるため、両方のクラスタで RDB マスターを選択することはできません。 したがって、クラスタ全体がクォーラムから切り離され、一般的に「 PLIT Brain 」と呼ばれる状況を回避できます。このような状況では、クラスタの両方の半分が、レプリケートされたデータベースの読み取り / 書き込みコピーを 2 つ作成することになります。この問題を解決するために、クラスタには「イプシロン」ノードという概念があります。イプシロンは、クラスタ内の 1 つのノード(通常、初期セットアップ時にクラスタを作成した最初のノード)に、クラスタ内の他のすべてのノードよりもわずかに重みの大きい投票が静的に割り当てられる概念です。したがって、クラスタの 1/2 だけのセグメント化が行われている場合は、 イプシロンノードと通信できる 1/2 は新しい RDB マスターノードを選択し、イプシロンノードと通信できない 1/2 はクォーラムから外れます。これにより、「 PLIT Brain 」状態から保護し、クラスタクォーラムも維持します。この種のクラスタ構成( 2 ノード以上)では、クォーラムとして「クラスタ HA 」を有効にする必要はありません。クォーラムの投票ではクラスタネットワーキングが使用されます。

2 ノードのみを含む clustered Data ONTAP 構成:
2 ノードのみを含む clustered Data ONTAP 構成では、両方のノードが同じように重要です。一方のノードがダウンした場合、もう一方のノードが RDB マスターになる必要があります。これを実現するために、 2 ノードを超えるクラスタ構成で使用される投票メカニズムとイプシロンを排除し、異なるメカニズムを採用しています。2 つのノードクラスタで使用されるメカニズムでは、両方のノードがストレージ HA ペアの一部として共有する物理ディスク接続を利用します。各ノードは、このディスク接続を使用してもう一方のノードを監視します。ノードの 1 つがダウンすると、残りのノードが自動的に RDB マスターになります。このメカニズムを「クラスタ HA 」と呼びます。

8.2 より前の clustered Data ONTAP リリースでは、クラスタ HA は、 clustered Data ONTAP のインストールとセットアッププロセスの一部として明示的に設定する必要があります。

このトピックの詳細については、次の clustered Data ONTAP マニュアルを参照してください。

Data ONTAP 8.3 『 System Administration Guide for Clustered Data ONTAP : Understanding Quorum and イプシロン

Data ONTAP 8.3 High-Availability Configuration Guide for Clustered Data ONTAP :