メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

Snapshot 自動削除とは何ですか。また、どのように使用されていますか。

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7 以前

回答

: SnapVault Snapshot は、デスティネーションで SnapVault の更新が実行され、 Snapshot がロックされるまで、ソースで自動削除から保護されません 

Data ONTAP 7.1 に Snapshot 自動削除が実装されているのはなぜですか。

  • Snapshot 自動削除は、ポリシーベースのスペース管理機能で、ユーザデータ用にボリューム内のスペースを取り戻すために、 Data ONTAP 7.1 (以降の Data ONTAP 7G バージョン)に実装されています。
  • ボリュームがほぼいっぱいになったときに Snapshot を自動的に削除するポリシーを定義できます。Filer 内の未使用スペースを最小レベルに維持します。
  • Snapshot の自動削除は、フレキシブル・ボリュームでのみ使用できます。

Snapshot autodelete コマンドの構文は次のとおりです。

filer> snap autodelete
snap autodelete [on | off | show | reset | help] |
snap autodelete ...

* サポートされるオプションと対応する値は、次のように定義されます。

commitment          try, disrupt
trigger             volume, snap_reserve, space_reserve
target_free_space     1-100
delete_order         oldest_first, newest_first
defer_delete         scheduled, user_created, prefix, none
prefix

Snapshot の自動削除はいつ行われますか。

  •  「トリガー」基準がほぼ一杯の場合。

   volume: The volume is near full.
   snap_reserve: The reserve is near full.
   space_reserve: The space reserved is near full. (useful for volumes with
fractional_reserve < 100)

  • 「ほぼフル」とは何ですか?

デフォルトでは、ほぼフルに近いと 98% と定義されています。

 

追加情報

AdditionalInformation_Text