メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

メールボックスディスクとは何ですか?

Views:
237
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • Data ONTAP

回答

メールボックス( MB )ディスクとは何ですか。
メールボックスディスクは、 HA ペアに関連するデータを格納するために使用されます。このデータはリブート後も維持する必要があります。このデータには、クラスタの状態、ミラーの状態、シャットダウンが「クリーン」な方法で実行されたかどうかなどの情報が含まれます。

MB ディスクは、パートナーの状態を判断するもう 1 つの方法です。 

インターコネクトに障害が発生した場合の MB ディスクの機能は何ですか。HA ペアはどのように動作しますか。
インターコネクトに障害が発生しても、クラスタはパートナーがアクティブかどうかを判断できます。この動作は、インターコネクトの障害後の状況によって異なります。

  • パートナーがまだ MB のディスクを更新中の場合は、( NVRAM レプリケーションが実行されていないため)テイクオーバーが無効になります。テイクオーバーは行われません。
  • MB のディスクを更新しなくなったがシャットダウンが実行されなかった場合、テイクオーバーは実行されません。
  • パートナーが MB のディスクを更新しなくなったが、「 halt 」などのクリーンシャットダウンが実行された場合、テイクオーバーが実行されます。

パートナーが「目的」の場合はどうすればよいですか?HA ペアはどのように動作しますか。

  • パートナーが MB のディスクを更新しておらず、 CF が無効になっていない場合、テイクオーバーが発生します(ヘッドが電源喪失したりフリーズしたりした場合など)。
  • MB のディスクが更新されなくなったために CF が無効になっていた場合、テイクオーバーは実行されません(たとえば、 HEAD が応答を停止する前にインターコネクトが失敗した場合など)。

ストレージシステムでは、どのようにしてメールボックスディスクが選択されますか。
ストレージシステムでは常に、パリティディスクとルートアグリゲート / ボリュームの最初のデータディスクが RAID 4 構成の 2 つのメールボックスディスクとして選択されます。アグリゲート Raid_DPがの場合は、パリティディスクと D パリティディスクが選択されます。

SyncMirror 構成では MB のディスクがミラーリングされます。SyncMirror を導入する HA ペアには、ルートアグリゲート / ボリュームがミラーリングされていて、少なくとも 2 本のディスクで構成されていると仮定して、ノードあたり 4 本の 8MB のディスクが含まれます。
メモ :ルートアグリゲートとして 1 つの LUN を使用する V シリーズには、 4MB のディスクしか搭載されていない場合があります。

ストレージシステムからメールボックスディスクにアクセスする方法
ストレージシステムは、自身のメールボックスディスクに情報を書き込みます。パートナーのメールボックスディスクからパートナーが書き込んだ情報を読み取る一方で、パートナーのメールボックスに何も書き込まれることはありません。各 MB ディスクは、 3 ~ 5 秒間隔で照会されます。

Data ONTAP では、どのような状況でクラスタが無効になるかを判断するために、メールボックスディスクをどのように使用しますか?

  • 通常の状況では、「 more than half 」ルールが適用されます。つまり、テイクオーバーを有効にするには、 MB のディスクの「半数を超える」が利用可能である必要があります。
  • ミラーさ
    れていない HA ペアの場合:通常、ノードには 2MB のディスクがあります(ただし、ルートアグリゲートが 1 つの LUN のみで構成されている場合は、 V シリーズにのみ含めることができます)。これらの 2 MB のディスクのいずれかで障害が発生すると、テイクオーバーは無効になります。MB の状態を確認し、別の MB のディスクを選択すると、テイクオーバーが有効になります。
  • Syncmirred 構成で
    は、ノードには通常 4MB のディスクがあり、 2 つのローカルディスクと 2 つのリモートがあります(ただし、ルートアグリゲートが 1 つの LUN だけで構成されている場合、 V シリーズにはローカルアグリゲートとリモートアグリゲートが 2 つだけ存在する場合があります)。
    2 MB のディスクを含む一方のプレックスで障害が発生した場合、テイクオーバーは無効になります。MB の状態がチェックされ ' これらのディスクは MB のディスク・セットから削除されますテイクオーバーが有効になります。

    ノードとルートアグリゲートの 1 つのプレックスで同時に障害が発生した場合、テイクオーバーは実行できず、強制的に実行することはできません。MetroCluster 製品はこのレベルの保護を提供します。

    1 MB のディスクで障害が発生した場合:テイクオーバーは無効になりません。新しいディスクが選択されます。
    2MB ディスクの障害:プレックスがオンラインの場合、テイクオーバーは無効になります。プレックスがオフラインの場合 - 前述のとおり、プレックス - 障害状態を参照してください。ローカルディスクとリモート MB ディスクの 1 つで障害が発生すると、 MB の状態が検証され、テイクオーバーが有効になります。

    注:
  • disk-fail :ディスクで障害が発生し、再構築されます。
  • disk-access fail :ディスクは正常ですが、 MB のトラフィックは失敗します。

上記のシナリオは、ディスク障害の場合に当てはまります。ただし、 MB ディスクアクセスに失敗すると、アクセスに失敗した MB ディスクの数に関係なく、 CF は無効になります。

リブート中に MB のディスクで障害が発生した場合はどうなりますか。
リブート中に MB のディスクに障害が発生した場合、つまり MB のディスクはシャットダウン時に使用できますが、リブート時に使用できなくなった場合、ローカル / リモート側での「使用状況 MB インスタンス」が原因でストレージシステムはブートしません。

この問題を解決するには、メンテナンスモードでブートしてローカルの MB ディスクセットを破棄します。リブート時に新しい MB ディスクセットが選択されます。リカバリ手順についてエラーメッセージ:プロセス FMMBX_ インスタンスのすべての HA メールボックスディスク(マスターブロックの書き込み中)で永続的なエラーが発生しましたは、「 Error message : permanent errors on all HA mailbox disks ( writing master block ) in process fmmbx_instance 」を参照してください。

メモ:ローカルディスクとパートナー MB ディスクを破棄すると、 CFOD ( ClusterFailoverOnDisaster )が実行できなくなる可能性があります。

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?