メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

inode とは

Views:
1,937
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP
  • inode

回答

ONTAP のinodeは、Snapshotコピーを含め、ファイルシステム内の任意のファイルまたはフォルダへのポインタです。

  • ボリュームに含めることができるファイルの数は、ボリューム内のinodeの数によって決まります。
  • inodeはファイルを構成するブロックを指し、inodeはファイルのメタデータも含みます。
  • ボリュームには、プライベートinodeとパブリックinodeの両方があります。
    • パブリックinodeは、ユーザに表示されるファイルに使用されます。
    • プライベートinodeは、ONTAP によって内部的に使用されるファイルに使用されます。
    • 変更できるのは、ボリュームのパブリックinodeの最大数のみです。プライベートinodeの数は変更できません。
  • 各inodeは288バイトの容量を使用します
    • つまり、ボリューム内にinodeが多数あると、実際のデータの容量だけでなく、物理スペースもそれほど使用されないことになります。
    • ファイルのバイト数が64バイト未満の場合、inode自体に格納され、追加の容量は使用されません。
  • 各FlexVol ボリュームのinodeの数には限りがあり、最大値は2、040、109、451です。 
  • inodeファイルで使用されるスペースは、ONTAP の10%のアグリゲートリザーブにカウントされます。

 

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?