メインコンテンツまでスキップ

ONTAP とDCの間の通信に使用するSMBのバージョンを教えてください。

Views:
55
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • SMB
  • DC

回答

ONTAP とDC間の通信のためにネゴシエートされるSMBのバージョンは vserver cifs security、以下のパラメータの値によって設定に左右されます

  • smb1-enabled-for-dc-connectionsが有効な場合、 SMB1 はネゴシエーションに使用できます
  • smb2-enabled-for-dc-connections を有効にすると、 SMB2 をネゴシエーションに使用できるようになります
  • DC-connections の暗号化が必須の場合は、 SMB3 のみがセッションに使用できます

追加情報

  • ONTAP 9.8 では、 encryption-requireed-For DC-connections オプションが導入されました
  • このオプションのデフォルト値は、 ONTAP のリリースによって異なります。 9.8 以降、 SMB1 と SMB2 の両方が有効になっていますが、暗号化は無効になっています
  • ONTAP をアップグレードすると、新規作成した SVM のデフォルト設定が変更される可能性がありますが、既存の SVM ではこれらのオプションは変更されません
  • SMB1 の使用は廃止され、今後のリリースでは削除される可能性があります
  • vserver cifs security コマンドの詳細については、 [1] コマンドの ONTAP 9 のマニュアルを参照してください

 

Scan to view the article on your device