メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ONTAP の処理レイヤによる大幅な遅延は、 Oracle の REDO ワークロードのパフォーマンスに影響しますか。

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

ONTAP 9.x

回答

Oracle Redo は、ワークロードがサイクルごとにログに記録され、実際にはバーストとして処理されます。バースト書き込みワークロードは、処理レイヤに過剰な負荷をかけ、 WAFL では待機時間を発生させる可能性がありますが、これは完全に正常な動作であり、 REDO ログによって一度に大量の MB が書き込まれることがあります。 


Oracle Redo ログの書き込みは、さまざまなサイズの IO の単一スレッドであり、大量の IO を 1 バーストで ONTAP に格納することができます。バーストはレイテンシの重大な問題のように見えることがよくありますが、実際の問題であることはほとんどありません。

Oracle は I/O 効率が非常に高く、多くの場合同時実行数は低くなります。[1] テクニカルレポート 3633 のカーネルパラメータ、マウントオプション、 ONTAP オプションに関するすべての指示に厳密に従って、実装されていることを確認してください。  これらのパラメータを正しく設定しないと、他の IO よりもシーケンシャル I/O のパフォーマンスが低下します。

追加情報

自動ワークロードリポジトリ( AWR )を使用して Oracle のパフォーマンスを分析するには、次のナレッジベースを使用します。

https://kb.netapp.com/Advice_and_Tro...ormance_Issues

 

Scan to view the article on your device