メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

7MTT :ソースボリュームの言語は「未定義」です。 7MTT では、 clustered Data ONTAP に移行する前にソースボリュームの言語を変更する必要がありますか。

Views:
76
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
7-mode-transition-tool
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

この記事は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )を使用して、 7-Mode システムを clustered Data ONTAP システムに移行する PS/ パートナー / お客様を対象としています。

回答

7MTT 1.0 GA では、 7-Mode ボリュームと clustered Data ONTAP 言語のボリューム言語を同じにしたり一致させたりする必要はありません。SnapMirror は、初期化中に、既存の clustered Data ONTAP ボリューム言語を 7-Mode ボリューム言語で上書きします。言語の互換性の問題はなくなります。常に機能します。

7MTT は、ボリュームの言語をそのまま維持します。7-Mode では、「未定義」と「 C 」は同じ言語です。clustered Data ONTAP には「未定義」の言語がないため、 7-Mode で「未定義」の言語を持つボリュームは、 clustered Data ONTAP では「 C 」として表示されます。このため、 7-Mode ボリューム言語設定が「 undefined 」の場合は、初期化後に clustered Data ONTAP ボリューム言語が「 c 」と表示されます。クラスタ化された Data ONTAP ボリュームの言語設定は関係ありません。

:ボリューム言語を設定した後は変更できません。したがって、ボリューム言語を特定の言語にする場合は、 7-Mode Transition Tool を使用する前に、 7-Mode ボリュームで言語を変更する必要があります

追加情報

AdditionalInformation_Text

Scan to view the article on your device