メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

NetApp KCS Award

AD オブジェクトパスワードのリセット後、 DNS 名を使用する一部のクライアントが CIFS にアクセスできなくなります

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
cifs
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 7-Mode
  • Microsoft Windows
  • CIFS

問題

  • 7-Mode の Active Directory ( AD )コンピュータオブジェクトのパスワードがリセットされ、「指定したデバイスパス、パス、またはファイルにアクセスできません」という一般的なネットワークエラーでユーザが CIFS 共有に接続できなくなります。
  • 「 cifs setup 」は Data ONTAP モードで実行され、 AD オブジェクトパスワードが再同期されてアクセスがリストアされますが、一部のクライアントは DNS 名を使用して接続できません
  • すべてのクライアントは、この IP アドレスを使用してアクセスできます
  • すべてのクライアントが DNS 名に ping を実行できるため、正しい IP アドレスに解決されます
  • Service Principle Names ( SPN ;サービスプリンシパル名)と DNS の設定が検証されます
  • ONTAP の Windows イベントビューアまたは EMS でエラーは表示されません
  • 優先ドメインコントローラ( DC )は Data ONTAP 7-Mode で設定され、一部の DC がリブートされます
  • AD サーバ、クライアント、およびストレージシステムの処理時間が 5 分以内(時差なし)
  • SMB セッション設定で「 KRB5KRB_AP_AP_ERR_MODIFIED 」エラーがクライアントに送信されることを示すために、パケットトレースが収集されます
  • EMS では、次のエラーが表示される場合があります。
    • cifs.server.errorMsg:error]: CIFS: Error for server \<VSERVER>: CIFS Session Setup Error STATUS_MORE_PROCESSING_REQUIRED.
    • cifs.server.errorMsg:error]: CIFS: Error for server \<DC>: Response is incorrectly signed.

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support