メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

cf giveback -f コマンドは中断できますか。

Views:
318
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

環境

Data ONTAP 8.2 7-Mode

回答

はい、システムを停止します。

  • を実行すると、ギブバックcf givebackが停止しないように、システムはいくつかのチェックを実行します。これには、障害ディスク、アクティブな CIFS セッション、アクティブなバックアップ、 HA パートナーのステータスの確認が含まれます。
  • cf giveback -fこのコマンドは、これらのチェックをバイパスします。このコマンドは、データ損失のリスクがある場合にのみ、システムによってキャンセルまたは拒否されます。cf giveback -fこのコマンドを使用すると、サービスが中断される可能性がある場合にギブバックを実行できます。
  • cf giveback -fたとえば、パートナーがギブバックの準備ができていない場合、コマンドはギブバックを実行します。

 

storage1(takeover)> cf status
storage1 has taken over storage2.
storage1(takeover)> cf giveback
Partner not waiting for giveback, giveback cancelled.

To perform a giveback without checking for partner readiness, either set the cf.giveback.check.partner option to off before performing a cf giveback again or Perform a cf giveback -f.
The first choice disables checking for all future cf giveback, until it is turned back to on. The second choice is good for this giveback only.
storage1(takeover)> cf giveback -f
Fri Jan 31 19:29:50 EST [storage1:cf.misc.operatorGiveback:info]: Failover monitor: giveback -f initiated by operator
Fri Jan 31 19:29:50 EST [storage1:cf.misc.givebackPartnerNotReady:notice]: Giveback is being initiated before the partner is in the waiting-for-giveback state. The partner is in the SF_UNKNOWN state.
Fri Jan 31 19:29:50 EST [storage1:cf.fm.givebackStarted:notice]: Failover monitor: giveback started.
Fri Jan 31 19:29:53 EST [storage1:cf.fm.gi2220cl1vebackComplete:notice]: Failover monitor: giveback completed
Fri Jan 31 19:29:53 EST [storage1:cf.fsm.stateTransit:info]: Failover monitor: TAKEOVER --> UP
Fri Jan 31 19:29:58 EST [storage1:cf.fsm.partnerNotResponding:notice]: Failover monitor: partner not responding
Fri Jan 31 19:30:07 EST [storage1:ha.takeoverImpNotDef:warning]: Takeover of the partner node is impossible due to reason waiting for partner to recover.

 

  • cf giveback -fまた、このコマンドを実行すると、 HA パートナーがギブバックを待機している間に中断が発生する可能性があります。

 

cf giveback -fコマンドを実行する代わりに、次の手順を実行します。

  1. cf status
    HA パートナーが使用可能で、ギブバックを待機していることを確認します。システムがギブバックの準備ができている場合は、 HA パートナーのコンソールに接続すると、次のメッセージが表示されます。
    Waiting for giveback...(Press Ctrl-C to abort wait)
  2. cf giveback
    次のメッセージを確認します。ギブバックがキャンセルされると、ギブバックがキャンセルされた理由を示すメッセージが表示されます。
  3. ギブバックを実行する前に、これらの各項目に個別に対処してください。
  4. cf giveback再試行してください。
  5. ギブバックを妨げているサービスや状況が表示されていないか、メッセージを確認します。

cf giveback -f上記の手順が実行され、ネットアップのサポートの指示がある場合にのみ、コマンドを実行してください。

 

追加情報

バグ 553014

 

Scan to view the article on your device