メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

disk fail コマンドを使用して、障害が発生したディスクドライブと交換するディスクを指定できますか。

Views:
268
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8.2.5 以前
  • Data ONTAP 7-Mode

回答

RFE - ストレージシステム管理者は、ボリュームを再構築するためにスペアディスクを選択する順序を設定できます。

デスティネーションキーボードと disk fail コマンドは、エラーが多発するために交換が必要なファイルシステムディスクを削除する場合に使用します。

6.5.2 より前の Data ONTAP バージョンでは、ストレージシステムでは、障害が発生したディスクドライブを事前に定義されたディスクで交換することはできません。ストレージシステムは、「sysconfig -r' または 'vol status -r' 出力。

Data ONTAP 6.5.2 以降では、が搭載されています disk replace ファイルシステムディスクをより適切なスペアディスクと交換するために使用できるコマンド。

disk replace start [-f] disk_name spare_disk_name

このコマンドは、高速 RAID リカバリを使用して、指定したファイルシステムディスクから指定したスペアディスクにデータをコピーします。このプロセスが完了すると、ディスクの役割が入れ替わります。RAID グループ内のファイルシステムディスクはスペアディスクになり、ファイルシステムディスクはスペアになります。キーボードと -f オプションを使用すると、確認を省略できます。

disk replace stop disk_name

このコマンドを使用すると、ディスク交換を中止したり、コピーが開始されなかった場合にディスク交換を中止したりできます。

追加情報

AdditionalInformation_Text