メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

ファイラーの物理的な再配置に関するベストプラクティスは何ですか。

Views:
35
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8.2.5 以前
  • Data ONTAP 7-Mode

回答

  • ファイラーの物理的な再配置に関するベストプラクティス。
  • Filer の物理的な再配置の手順
  • 物理的な場所から別の場所へファイラーを移動する方法 場所
  • ネットアップのアプライアンスを別の場所に移動する場合の適切な手順は何ですか。

ファイラーの電源切断

  • 移動する前に、すべてのクライアントをディスマウントし、 Network File System ( NFS )を無効にして、 Common Internet File System Protocol ( CIFS )を終了します。
  • 次に、ボリューム Snapshot を作成します - a 整合性のあるファイルシステムのコピー:
  • 移動する前に Filer をリブートし、リブート AutoSupport が送信されたことを確認します。これは、インストール先でのブート時の問題のトラブルシューティングに役立ちます。
  • Filer を停止します
  • 電源をオフにして周囲温度に達します
  • 最初に Filer の電源を切ります。
  • 次に、シェルフの電源をオフにします。
  • パワーアップ / シャットダウンフェーズ:最初の移動のパワーオフと最後の移動のパワーオフ。

梱包、移動、開梱

  • ファイラーはキャビネットまたはラックに収容されていますか
    シェルフ同士を積み重ねないラックでは、シェルフ / ドライブキャニスターが圧縮されます。
  • すべての装置は衝撃吸収材に移動する必要があります。つまり、頭部やファイラーを木製台車に載せないでください。フォームを下に置きます。
  • 新しいデータセンター / ロケーションは、 RH 、 POWER 、および HVAC で確認されていますか?
    多数のファイラーの電源を入れることは、テストとして適切です。
  • キーボードと rc 変更がある場合は、新しいサブネットを反映するようにファイルを変更する必要があります。
  • Filer の移動および開梱には、最低 3 人の作業員が必要です。
  • カートがファイラーの移動に使用されている場合は、カートにゴムホイールがあることを確認してください。
  • Filer を設置場所に出荷する際に使用したクレートは、 Filer を移動用に再梱包するために使用することを推奨します。
  • Filer を梱包したあと、クレート内に十分なバッファ・パッキングがあることを確認します。
  • どのような種類の Thermocol も、ファイラーの近くでは使用しないでください。
  • Filer のキャビネットをクレートに収納する前に、 Filer のヘッドとディスク・シェルフのネジを確認する必要があります。これは、シフト中に動く可能性のあるルーズパーツをチェックするためです。
  • 同梱されているファイラーを複数のレベルに移動する場合は、高いパワーリフトを使用することをお勧めします。

新しいサイトで電源をオンにします

  • ファイラーとシェルフが以前と同じように接続されていることを確認します 前
  • ネジとケーブルが正しいことを確認します タイト
  • 最初にシェルフの電源をオンにします
  • Filer の電源を入れます
  • DNS が修正されていない場合、 Filer は DNS 名の解決を試みてハングし、変更があった場合には新しい IP 範囲を表示します。
  • 移動前に新しいサイトで名前 / IP 解決の検証を個別に設定します。
  • Filer を新しいネットワークに移動する前に、次のことを確認してください。
    • クライアントは互いに ping を実行できる()client <-> client ping
    • nslookup 、 tracert 、およびで名前解決が正常に機能しています
    • 外部からクライアントに ping を実行することで、ゲートウェイは正常に動作しています () 。client<-outside world ping)。
  • 周囲温度に達するまで電源を入れます
  • 本番環境に移行する前に、すべてが稼働していることを確認します。