メインコンテンツまでスキップ

Cloud Secure が ONTAP と通信するためにファイアウォールで開く必要があるポート

環境

  • ONTAP 9+
  • Cloud Secure

回答

以下は、 ONTAP と Cloud Secure エージェント間の通信に使用されるポートです
 
プロトコル ポート デスティネーション 方向 説明

TCP

389 ( LDAP )
636 ( LDAPS / start-TLS )

LDAP サーバ URL

Cloud Secure から LDAP へ

LDAP に接続します

TCP

443

SVM 管理 IP アドレス

Cloud Secure から ONTAP へ

ONTAP との API 通信

TCP

35000 - 55000

SVM データ LIF の IP アドレス

ONTAP と Cloud Secure 間の双方向

FPolicy イベントのための ONTAP との通信

TCP ポート7 SVM データ LIF の IP アドレス ONTAP と Cloud Secure 間の双方向 ONTAP と Cloud Secure 間の双方向

 

追加情報

  • Cloud Volumes ONTAP を検出するときは、クラウドプロバイダ( Azure 、 AWS 、 GCP )のネットワークセキュリティグループが Cloud Secure / ONTAP ファイアウォールルールをブロックしていないこと、または上書きしていないことを確認してください。 
  • 詳細については 、 Cloud Secure ドキュメントセンターを参照してください

 

Scan to view the article on your device