メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

StorageGRID を FabricPool の容量階層としてトラブルシューティングします

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

に適用されます

NetApp StorageGRID (すべてのサポートされているバージョン)

FabricPool (すべてのサポートされているバージョン)

説明

この KB では、 StorageGRID を FabricPool の容量階層としてトラブルシューティングするために、 SGrid のセクション / 領域を 7 つ提供します。

FabricPool とは

  • オールフラッシュ( All SSD )アグリゲートをパフォーマンス階層として使用するハイブリッドストレージソリューション
  • オブジェクトストアを外部の容量階層として使用します
  • FabricPool 内のデータは、頻繁にアクセスされるかどうか(ホットまたはコールド)に基づいて階層に格納されます。

StorageGRID とは

  • 構造化されていないデータを規模に応じて保存および管理し、安全で永続的なオブジェクトストアを提供します
  • コンテンツは、適切な場所、適切なタイミング、適切なストレージ階層に配置されます
  • ワークフローを最適化し、グローバルに分散したリッチメディアのコストを削減します

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support