メインコンテンツまでスキップ

USB キーを使用して NetApp HCI ノードまたはストレージノードに RTFI を実行する方法

Views:
91
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
netapp-hci
Specialty:
hci
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • NetApp HCIコンピューティングノード
  • NetApp HCIストレージノード
  • FCシリーズノード

説明

この手順を使用して、USBキーを使用してHCIノードにRTFIを実行

  • ESXiがインストールされているコンピューティングノード
    • NetApp HCI 1.6以降のコンピューティングブートストラップOS ISOイメージを搭載したこの手順では、そのコンピューティングノードのファームウェアとブートストラップOSが更新され、ESXiと設定データはそのまま残ります。
    • NetApp HCI 1.6以降の既存のESXiインストールをリセットするには、Compute TUIの[Factory Reset]オプションを使用するしかありません。
  • HCIストレエシノオト
  • HCIコンピューティングノード用
    • Linux dd コマンドを使用して、Compute Bootstrap OS ISOイメージをUSBキーに生でコピーすることをお勧めします。
      • 注: コンピュートISOイメージのサイズが大きいため、サードパーティのUSB Creatorアプリケーションを使用してUSBキーを作成した場合、RTFIでエラーが表示されることがあります。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.