メインコンテンツまでスキップ

BMCを使用してノードのRTFIを実行する方法

Views:
126
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
netapp-hci
Specialty:
hci
Last Updated:

環境

  • NetApp HCI
  • NetApp HCI ブートストラップ OS
  • NetApp HCI ストレージノード
  • NetApp SolidFire ストレージノード
  • 工場出荷時のイメージ( RTFI )に戻る

説明

BMC

Notesを使用 して、SolidFire ストレージ、NetApp HCI ストレージ、またはNetApp HCI コンピューティングノードにRTFIを実行する方法について説明します 。 
  • ESXi がすでにインストールされているコンピューティングノードの場合、 NetApp HCI 1.6 以降でこの手順を使用すると、そのコンピューティングノードのファームウェアとブートストラップ OS の ISO イメージが更新され、 ESXi と構成データはそのまま残ります。既存の ESXi インストールを NetApp HCI 1.6 以降でリセットする唯一の方法は、コンピューティングノードのテキストユーザインターフェイス( TUI )の Factory Reset オプションを使用することです。

  • この手順は、 BMC がすでに存在する場合にのみ適用されます アクセス可能で、 IP アドレスを使用して設定されている

  • インストール中はブラウザを閉じないでください ISO イメージへの接続が切断され、が切断されます インストール

注:この手順を使用して、ストレージノードの RTFI も実行できます。

 

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device