メインコンテンツまでスキップ

SDDL ファイルを使用して NTFS またはストレージレベルのアクセスガードセキュリティを設定する方法および FSecurity は、 Data ONTAP 7-Mode に適用されます

Views:
90
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

Data ONTAP 7-Mode

説明

セキュリティ記述子定義言語( SDDL )は、 NTFS ボリュームまたはストレージレベルのアクセス保護の権限を定義するために使用されるファイルです。

( slag ) UNIX 形式または NTFS 形式のボリュームの権限。[1]NetApp SecEdit ツールを使用して SDDL ファイルを作成することも、任意のテキストエディタを使用して手動で作成することもできます。 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.