メインコンテンツまでスキップ

NetApp 7-ModeストレージコントローラでWidelinksの設定およびトラブルシューティングを行う方法

Views:
521
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
7dot
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7以前

回答

  • 同じFiler上でボリュームからqtreeへのシンボリックリンクを作成しています。
  • 異なるFiler上でボリュームからボリュームへのシンボリック・リンクを作成しています。
  • ワイドリンクの設定時に問題が発生しました。

シンボリックリンクは、NFSクライアントによって作成される特別なファイルで、別のファイルまたはディレクトリを参照します。Widelinkエントリは、Filer上の絶対シンボリック・リンクをリダイレクトする方法です。シンボリック・リンクのリンク先を、同じFiler上または別のFiler上の共有にすることができます。次の例は、同じFiler上のボリュームからqtreeへ、および異なるFiler上のボリュームからボリュームへのシンボリックリンクを作成する方法を示しています。 
 
同じFiler上のボリュームからqtreeへのシンボリック・リンクの作成 

  1. シンボリックリンクを格納するボリューム(/vol/source)と、ターゲットファイルを格納するqtree(/vol/widelink/temp_restore)を作成します。
    filer1> vol create source <hosting-aggr-name><size>[k|m|g|t]
    filer1> qtree create /vol/widelink/temp_restore
    filer1> qtree status
    Volume   Tree     Style Oplocks  Status
    -------- -------- ----- -------- ---------
    vol0              unix  enabled  normal
    widelink          unix  enabled  normal
    widelink temp_restore unix  enabled  normal
    source            unix  enabled  normal

     
  2. qtreeを共有するCIFSクライアントで、シンボリックリンクを格納する共有でワイドリンクのサポートを有効にします。
    filer1> cifs shares -add temp_restore /vol/widelink/temp_restore
    The share name 'temp_restore' will not be accessible by some MS-DOS workstations
    Are you sure you want to use this share name? [n]:y

    filer1> cifs shares -add source /vol/source -widelink

    filer1> cifs shares
    Name         Mount Point               Description
    ----         -----------               -----------
    HOME         /vol/vol0/home
                            everyone / Full Control
    ETC$         /vol/vol0/etc                     Remote Administration
                            everyone / Full Control
    C$           /vol/vol0                         Remote Administration
                            everyone / Full Control
    temp_restore /vol/widelink/temp_restore
                            everyone / Full Control
    source       /vol/source
                 ... widelinks supported
                            everyone / Full Control

    Note: Enable widelink support on the CIFS share hosting the symlink.

     
  3. シンボリックリンクを作成します。UNIXクライアントを使用してターゲットファイルを作成し、そのファイルを指すシンボリックリンクを作成します。
    1. まず、ディレクトリをマウントします。
      Unix> mount filer1:/vol/widelink /filer1/widelink
      Unix> mount filer1:/vol/source /filer1/source

       
    2. 次に、デスティネーション(temp_restore qtree)にデータを配置します...
      Unix> cp /etc/init.d/apache /filer1/widelink/temp_restore/
       
    3. ターゲットにデータがあることを確認します。
      Unix> ls -l /filer1/widelink/temp_restore/
      total 8
      -rwxr-xr-x   1 root     other        687 Oct 21 22:15 apache

       
    4. /filer1/source からディレクトリへのシンボリックリンクを作成します。 /filer1/widelink/temp_restore...
      Note: The syntax is: ln -s <TARGET><LINK_NAME>
      Unix> ln -s /filer1/widelink/temp_restore/ /filer1/source/symlink

       
    5. シンボリックリンクが存在することを確認します。
      Unix> pwd
      /filer1/source
      Unix> ls -l
      total 0
      lrwxrwxrwx 1 root other 29 Oct 21 22:18 symlink -> /filer1/widelink/temp_restore

       
    6. シンボリックリンクが存在する場合は、そのシンボリックリンクが機能することを確認します。
      Unix> pwd
      /filer1/source
      Unix> cd symlink/
      Unix> ls -la
      total 24
      drwxrwxrwx   2 root     root        4096 Oct 21 22:17 .
      drwxr-xr-x   6 root     root        4096 Oct 21 22:10 ..
      -rwxr-xr-x   1 root     other        687 Oct 21 22:15 apache
      Unix>


      上記の出力は、 /filer1/source ディレクトリを指すリンク(symlink)が存在することを示しています。 /filer1/widelink/temp_restore
       
  1. symlink.translationsを編集します。
    1. /vol/vol0/etc/ viまたはwrfileを使用して、Filerのフォルダにsymlink.translationsを作成します。
      # vi /filer1/vol0/etc/symlink.translations
      widelink /filer1/widelink/temp_restore/* \\<IP_ADDRESS_OR_HOST_NAME>\temp_restore\*


      上記の例では、 「<IP_ADDRESS_OR_HOST_NAME>」は、 デスティネーション 共有をホストするCIFSサーバのIPアドレスまたはホスト名です。

      アスタリスク(「*」)を持つことは重要です。  オフのままにすると、次のようなメッセージが表示されます。
      filer1> Thu Oct 21 22:36:13 PDT [cifs.symlinkTrans.badEntry:error]: CIFS: invalid entry in symbolic link mapping file /etc/symlink.translations at line 1: Switching to unoptimized lookup.
       
    2. Windowsでソースをドライブにマッピングします。
      :これはボリューム間で実行されます。/vol/source qtreeがの場合も、qtree /vol/widelinksは同じように機能します。 

異なるFiler上でのボリュームからボリュームへのシンボリックリンクの作成

この例のソース・ディレクトリはまだ /filer1/source 使用されています。デスティネーションはオンになり filer2:/vol/destinationます。 

  1. qtreeとボリュームを作成する
    まず、次のようにデスティネーションディレクトリを作成します。
    filer2> vol create destination <hosting-aggr-name> <size>[k|m|g|t] 
  2. 共有とエクスポートの作成 
    1. CIFS共有を作成します。
      filer2> cifs shares -add destination /vol/destination
      The share name 'destination' will not be accesible by some MS-DOS workstations
      Are you sure you want to use this share name? [n]:y
      filer2>
    2. 宛先ディレクトリが次のように存在することを確認します。 
      filer2> cifs shares
      Name         Mount Point                       Description
      ----         -----------                       -----------
      ETC$         /etc                              Remote Administration
                              BUILTINAdministrators / Full Control
      HOME         /vol/vol0/home                    Default Share
                              everyone / Full Control
      C$           /                                 Remote Administration
                              BUILTINAdministrators / Full Control
      test         /vol/vol0/test
                              everyone / Full Control
      destination  /vol/destination
                              everyone / Full Control
      filer2>
    3. シンボリックリンクを作成できるように、エクスポートファイルに追加します。
      filer2> exportfs -io root=10.41.16.181 /vol/destination
      filer2> exportfs
      /vol/destination    -root=puerco.hq.netapp.com
      /vol/vol0
      /vol/vol0/home
      filer2>
    4. デスティネーションディレクトリをマウントします。
      Unix> mount :/vol/destination /t/114
      ファイルをコピーして、ファイルがあることを確認します。
      Unix> cp /etc/init.d/network /t/114/
      Unix> ls -l /t/114
      total 48
      -rwxr--r--  1 root  other  20593 Oct 22 14:58 network
      Unix>
    5. /t/114 ディレクトリを参照する新しいシンボリックリンクを作成する
      Unix> ln -s /t/114 /filer1/source/symlink2
      Unix>
    6. 機能することを確認します。
      Unix> cd /filer1/source
      Unix> ls -l
      total 0
      lrwxrwxrwx 1 root other 29 Oct 21 22:33 symlink -> /filer1/widelink/temp_restore
      lrwxrwxrwx 1 root other 6 Oct 22 15:00 symlink2 -> /t/114
      Unix> cd symlink2
      Unix> ls -l
      total 48
      -rwxr--r-- 1 root other 20593 Oct 22 14:58 network
      Unix> 
  3. symlink.translationsを編集します。

    /etc/symlink.translations この新しいワイドリンクのを編集します。 
    注: 同じFiler上のボリュームからqtreeへのシンボリックリンク用に以前作成したものを削除する必要はありません。
    widelink /filer1/widelink/temp_restore/* \\<filer1_IP_address>\temp_restore*
    widelink /t/114/* \\<filer2_IP_address>\destination*
 

ワイドリンクのトラブルシューティング

Widelinkの障害は次の2つのカテゴリに分類されます。

  1. 不正な設定
  2. Widelinkデスティネーションニアクセスデキナイ


設定が正しくない
ワイドリンクの設定を確認するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. ソースFilerからCIFS共有の出力を収集し、共有パスでワイドリンクが有効になっていることを確認します。
    filer1> cifs shares
    Name         Mount Point               Description
    ----         -----------               -----------
    HOME         /vol/vol0/home
                            everyone / Full Control
    ETC$         /vol/vol0/etc                     Remote Administration
                            everyone / Full Control
    C$           /vol/vol0                         Remote Administration
                            everyone / Full Control
    temp_restore /vol/vol1/temp_restore
                            everyone / Full Control
    source       /vol/source
                            everyone / Full Control


    If 'widelinks supported' does not show for the share、add it with the following command
    filer1> cifs shares -change source /vol/source -widelink

    :The output should now look like:
    filer1> cifs shares
    Name         Mount Point               Description
    ----         -----------               -----------
    HOME         /vol/vol0/home
                            everyone / Full Control
    ETC$         /vol/vol0/etc                     Remote Administration
                            everyone / Full Control
    C$           /vol/vol0                         Remote Administration
                            everyone / Full Control
    temp_restore /vol/vol1/temp_restore
                            everyone / Full Control
    source       /vol/source

                な...何だ? ワイドリンクのサポート
                            everyone / Full Control
  2. ls -al Widelinkパスのを収集します。
    Unix> ls -al
    total 1
    drwxr-x---  14 root root   4096 Aug 12 19:04 .
    drwxrwxrwx  33 root root   4096 Mar 30 13:08 ..
    lrwxrwxrwx  1 root root      9 Aug 12 19:04 mylink -> /my_cifs_link/


    この構成に基づいて、作業時にWindowsから見ると、「mylink」というフォルダが表示されることに注意してください。  /my_cifs_link/ Windowsではシンボリックリンク/ワイドリンクを認識しないため、パスを使用する必要はありません。/my_cifs_link/ エンドユーザがUNIXを使用してシンボリックリンクを介してデータにアクセスする場合にのみ有効にする必要があります。したがって、 /my_cifs_link/ 100% Windows環境では、任意の値を設定できます。
  3. ソースFilerから/etc/symlink.translations出力を収集します。
    Filer1*> rdfile /etc/symlink.translations
    widelink /filer1/my_cifs_link/* \\10.61.84.180\vol1*


    The widelink path in the above example is invalid and should be changed to the following:
    widelink /my_cifs_link/* \\10.61.84.180\vol1*
  4. Widelinkの実装ではDFSが使用されているため、symlinkファイルまたはsymlink.translationsファイルに変更が加えられてもすぐには機能しないように見えることがあります。デフォルトでは、DFSリファーラルのタイムアウト値は10分です。キャッシュを手動でクリアするには、Microsoftサポートツールの一部であるDFSUtilをダウンロードします。ダウンロードが完了したら pktflush 、およびを実行してDFSキャッシュをフラッシュし purgemupcacheます。

    C:\Windows\system32> dfsutil /pktflush
    DfsUtil command completed successfully.


    C:\Windows\system32> dfsutil /purgemupcache
    DfsUtil command completed successfully.


Widelinkデスティネーションにアクセスできない
設定の確認後、Widelinkで障害が発生した場合のトラブルシューティングの次の手順は、次の手順でWidelinkデスティネーションへのアクセスを確認することです。

  1. symlink.translations ファイルを収集します。
    Filer1*> rdfile /etc/symlink.translations
    widelink /my_cifs_link/* \\10.61.84.180\vol1*


    この出力の重要なフィールドは「\\10.61.84.180\vol1 *」です。
  2. ワイドリンクをトラバースできないクライアントから、次の処理を実行してもらいます。
    [スタート]>[ファイル名を指定して実行]>[\\10.61.84.180]
    これにより、クライアントが実際にストレージコントローラにアクセスして認証に成功したかどうかが確認されます。
  3. 手順2が成功した場合は、ユーザに共有に移動してもらいます。この手順が失敗した場合は、「 NetApp FilerでのMicrosoftクライアント権限の問題のトラブルシューティング方法」を参照してください

    リモートサイトへの設定と接続を確認したあともワイドリンクのトラバースが失敗する場合は、サポートケースをオープンして次のデータを提供してください。
    • AutoSupportのトリガー
      Filer1*>  options autosupport.doit now
    • CIFS共有の出力の収集
      Filer1*> cifs shares
    • symlink.translationsの出力を収集します。
      Filer1*> rdfile /etc/symlink.translations
    • シンボリックリンクのls -al出力を収集します。
      Unix> ls -al

 

追加情報

AdditionalInformation_text

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.