メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP 7-Mode システムのネットブート

Views:
258
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
7dot
Last Updated:

環境

 Data ONTAP 7-Mode

回答

ネットブートの概要

ネットブートは、HTTPサーバまたはTFTPサーバに格納されているData ONTAPソフトウェアイメージからNetAppストレージシステムをブートする代替方法として使用できる手順です。NetBootは通常、特定のリカバリシナリオを容易にするために使用されます。一般的なシナリオとしては、アップグレードの失敗の修正、障害が発生したブートメディアの修復、現在のハードウェアプラットフォームに適したカーネルのブートなどがあります。この記事で説明するリカバリアクションは、NetAppサポートの指示がない限り実行しないでください。
以前は、ONTAP 7Gのブート時にカーネルがメモリにロードされ、ブートデバイスへの依存がなくなり、ネットブートカーネルからシステムを実行できるようになりました。Data ONTAP 8では、カーネルがロードされた後も、ブートデバイスにアクセスする必要があります。また、Data ONTAP 8.Xの特別なブートメニューオプション1と2(/etc/rcを使用しない通常のブートとブート)は無効になっています。

注意を払ってネットブートする方法
ストレージコントローラをネットブートするためのツール要件は次のとおりです。

  • ストレージコントローラのRLM / BMC / SPまたはコンソールへのアクセス
  • HTTPサーバ(8.0x以降)またはTFTP(7.3x以下)へのアクセス
  • にアクセスして、プラットフォームに必要なネットブートカーネルファイルを NetApp Support Siteからダウンロードし ます。
  • にアクセスして、プラットフォームに必要なインストールイメージファイルを NetApp Support Siteからダウンロードし ます。
  • コントローラのシステムファームウェアを最新バージョンにすることを推奨します。
  • ネットブートプロセス用に設定するネットワークインターフェイス。
    選択したインターフェイスによっては、使用可能なIPアドレスが必要になる場合があります。

注: ネットブート構成はファームウェア環境に保存され、リブート後は維持されません。ブートするたびに、ネットワークインターフェイスを手動で設定する必要があります。

ネットワークインターフェイスの選択

LOADERプロンプトまたはCFEプロンプトから、 show devices コマンドを使用して、ネットブートに使用できる可能性のあるネットワークインターフェイスを特定できます。一般に、使用可能なインターフェイスはマザーボードベースのインターフェイスのみです。次の例(プラットフォーム固有)では、ポートe0a、e0b、e0Mをローダーで使用できます。e0Mインターフェイスはネットブート手順に使用できますが、e0Pインターフェイスは使用できません。

LOADER-A> show devices
Device Name Description
----------- ---------------------------------------------------------
e0M IBA GE Slot 1801 v1351 (00-A0-98-32-65-35)

e0P IBA GE Slot 1800 v1351 (00-A0-98-32-65-34) -- Interface for ACP don’t use.
e0a IBA GE Slot 1701 v1351 (00-A0-98-32-65-33)
e0b IBA GE Slot 1700 v1351 (00-A0-98-32-65-32)

警告:ストレージシステム上の使用可能なインターフェイスだけがマルチモードまたはLACP VIFを使用するように設定されている場合は、スイッチポートとネットワークインターフェイスを手動で再設定する必要があります。

選択するネットワークインターフェイスは、ネットワークの設定によって異なります。ほとんどのリカバリシナリオでは、選択したインターフェイスとIPに、両方のHAノードのパブリックIPアドレスへのHTTP、SSH、またはTFTPアクセスを許可する必要があります。

警告:CFE(Common Firmware Environment)ベースのストレージシステム(200および3000シリーズ)で、1000メガビット/秒に設定されているインターフェイスを使用してネットブートを試行すると、エラーが発生することがあります。

ネットブート時のエラー

例: プラットフォームのネットブートカーネルのバージョンが正しくない

CFE> netboot tftp://10.61.33.230/7351_netboot.e
Loading: Failed.
Could not load tftp://10.61.33.230/7351_netboot.e: Not an ELF-format executable
*** command status = -11

-または
LOADER-A> netboot tftp://10.61.33.230/netboot/kernel
Loading 10.61.33.230/netboot/kernel:.......Failed: Not a 64-bit executable
Could not load tftp://10.61.33.230/netboot/kernel: Not a 64-bit executable
Not a 64-bit executable (errcode=-45)

-または-
LOADER-A> netboot tftp://10.61.33.230/kernel
Loading 10.61.33.230/kernel:.................Failed: Not a 32-bit executable
Could not load tftp://10.61.33.230/kernel: Not a 32-bit executable
*** command status = -12

解決策:使用しているプラットフォームに対応したバージョンのネットブートカーネルをダウンロードします。

例: エラー-ネットワークインターフェイスをアクティブ化できませんでした

LOADER-A> ifconfig e0M -addr=10.113.50.81 -mask=255.255.255.0 -gw=10.113.50.1
Could not activate network interface 'e0M': Error
*** command status = -1

解決策:選択したインターフェイスは設定に使用できません。show devicesの出力を確認してください。

例: パスが正しくありません。

LOADER-A> netboot http://10.61.64.140/netboot/kernel
Loading 10.61.64.140/netboot/kernel: Failed: File not found Could not load http://10.61.64.140/netboot/kernel: File not found

解決策:パスを再確認し、正しいパスを指定してください。'Note: パスはTFTP/httpルートディレクトリが設定されているものからの相対パスです。たとえば、上記の例では、10.61.64.140のhttpルートディレクトリが/etc/httpである場合、netbootは /etc/http/netboot ファイルkernelのディレクトリを検索します。

例: options http.admin.enable off (バージョンによる)

netboot http://10.61.64.140/na_admin/netboot/kernel
Loading 10.61.64.140/na_admin/netboot/kernel:Failed: Network protocol error
Could not load http://10.61.64.140/na_admin/netboot/kernel: Network protocol error
Network protocol error (errcode=-22)

-または-
Loading: Failed: Socket is not connected
Could not load http://10.61.64.140/na_admin/netboot/ Socket is not connected
*** command status = -39

解決策:ネットブートに使用されるIPアドレスが重複しているか、または-オプション http.admin.enable がonではありません。オプションをで有効にし options http.admin.enable onます。

例: 転送が中断されました

LOADER-A> netboot tftp://10.61.33.230/kernel
Loading 10.61.33.230/kernel:.......0x100000/3386728 0x53b000/3222096 0x84da50/1190096 Entry at 0x80148250
Found 10.61.33.230/platform.rc
Loading 10.61.33.230/platform.ko:.0x971000/546300 0xa99e60/514368 0x9f6600/17192 0xb177a0/29592 0x9fa928/1272 0xb1eb38/3816 0x9fae20/52267 0xa07a50/69035 0xa18800/1464 0xb1fa20/4392 0xa18db8/248 0xb20b48/744 0xa18eb0/968 0xb20e30/2904 0xa19278/128 0xb21988/384 0xa19300/130208 0xb21b08/138192 0xa38fa0/425 0xa5d500/8307 0xa99d73/237 0xa5f578/122208 0xa7d2d8/117403
Loading 10.61.33.230/rootfs.img.uzip:............................................0xb44000/14957240
Loading 10.61.33.230/platfs.img.uzip:Failed.: Timeout occurred
Failed.
Could not load tftp://10.61.33.230/kernel: Timeout occurred

解決策:転送を再試行します。

例: ネットブート8.2の試行時に誤ったバージョンのBIOSが表示される

LOADER-A> netboot tftp://10.61.33.230/kernel
Loading 10.61.33.230/kernel:.......0x100000/3386728 0x53b000/3222096 0x84da50/1190096 Entry at 0x80148250
Found 10.61.33.230/platform.rc
Loading 10.61.33.230/platform.ko:.0x971000/546300 0xa99e60/514368 0x9f6600/17192 0xb177a0/29592 0x9fa928/1272 0xb1eb38/3816 0x9fae20/52267 0xa07a50/69035 0xa18800/1464 0xb1fa20/4392 0xa18db8/248 0xb20b48/744 0xa18eb0/968 0xb20e30/2904 0xa19278/128 0xb21988/384 0xa19300/130208 0xb21b08/138192 0xa38fa0/425 0xa5d500/8307 0xa99d73/237 0xa5f578/122208 0xa7d2d8/117403
Loading 10.61.33.230/rootfs.img.uzip:............................................0xb44000/14957240
Loading 10.61.33.230/platfs.img.uzip:Failed.: Timeout occurred

Warning: /sbin/mount_nfs returned 60.
NFS netboot support has been deprecated.  If you did not
expect to see this prompt, ensure the system BIOS and
LOADER firmware are up to date.  Also be sure to follow a
supported netboot procedure.
Enter the NFS path for rootfs.img:

解決策: システムFWを8.2でサポートされているバージョンにアップグレードします。BIOS 互換性マトリックスを参照してください。

注: PAM1およびPCI-eアダプタカードを搭載したFAS3140 / 3160/3170では、ネットブート手順の実行中にリソース競合エラーが報告されることがあります。

アップグレード中の障害
Data ONTAPのマイナーバージョンまたはメジャーバージョンへのアップグレード中に、障害からリカバリするためにストレージコントローラのネットブートが必要になることがあります。具体的なリカバリ手順は、システムの現在のステータス、Data ONTAPのバージョン、障害モードによって異なります。エラーからのリカバリについては、サポートにお問い合わせください。

リバートする

Data ONTAPのメジャーバージョンを別のメジャーバージョンにリバートする場合は、非常に具体的な手順を実行してシステムを適切にリバートする必要があります。通常は、システムを適切にリバートするためのすべての手順が完了する前にシステムをリブートします。エラーが発生すると、次の出力のようにRAIDラベルエラーが報告される場合があります。この問題に対処するためにネットブートが必要になる場合があります。必要なリカバリ手順については、サポートにお問い合わせください。

ブートメディア

NetAppストレージシステムのブートメディアはプラットフォームに固有で、CFカードまたはUSBベースのデバイスです。ブートデバイスの交換が必要な場合は、使用しているプラットフォームとData ONTAPのバージョンに対応したブートデバイス交換用ドキュメントを参照してください。

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.