メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP 7-Modeのcifs.tcp_window_sizeのデフォルト値、最小値、最大値、および推奨値はいくつですか。

Views:
109
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode
  • Data ONTAP 8.2 7-Mode

回答

パフォーマンス調整の実行中に、CIFS TCPウィンドウ・サイズの調整が必要になることがあります。TCPウィンドウ・サイズは、ストレージ・システムとCIFSクライアント間で一度に送信できるTCPメッセージ数を制御するためです。ここでは、TCPウィンドウの最適なサイズを決定する方法と、ストレージシステム側とWindowsクライアント側の両方でのTCPウィンドウサイズの制限事項について説明します。

  • ストレージシステム側でCIFS TCPウィンドウサイズを表示/変更する方法
    次のコマンドを実行して、Data ONTAP 7-Modeを実行しているストレージシステムでCIFS TCPウィンドウサイズを表示または変更します。
    Filer> options cifs.tcp_window_size
    • このベッドルームは、CIFSのリスタート時、または新しい名前がNetBIOSエイリアスとして登録されたときに有効になります。CIFSを再起動しない場合は、新しく登録された名前だけがウィンドウサイズを変更します。NetBIOSエイリアスを登録options.cifsinternal.aliaswindowsizeすると、CIFSはコントローラのレジストリキーを調べて使用する値を取得します。この値cifs.tcp_window_sizeは、NetBIOSエイリアスが作成され、の最新の値が使用されるたびに更新されます。このレジストリ値は、の現在の値とは別に保持されます cifs.tcp_window_size
  • の制限cifs.tcp_window_size事項は何ですか?
    デフォルト値= 17520バイト
    最小値= 1600バイト
    最大値= 8388608バイト(8M)

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.