メインコンテンツまでスキップ

システム管理を支援するために使用できるオープンソースまたはフリー Web サーバはどれか?

Views:
292
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
generalsupport
Last Updated:

環境

HTTP Webアクセス

回答

  • 一部のNetApp製品では、インストール、セットアップ、または設定用のファイルを取得するためにHTTPサーバが必要になる場合があります。
    • これには、OSのアップグレード、システムファームウェア、またはその他の重要なパッケージのインストールが含まれます。
  • これらのWebサーバは、NetAppを介して所有またはサポートされていません。
  • これらのサーバ以外にも他のHTTPサーバが存在し、それらを調べたいと思うかもしれません。
名前 サポート対象プラットフォーム リンク
HFS~HTTPファイルサーバ Windows https://www.rejetto.com/hfs/?f=dl
アパッチラウンジ Windows https://www.apachelounge.com/
Abyss Webサーバ Windows、Mac、またはLinux https://aprelium.com/abyssws/download.php
HTTPサーバ MAC
Python HTTP
  • Windows、Mac、またはLinux
  • Python 2
  • Python 3
  • Python 2.x:python -m SimpleHTTPServer
  • Python 3.x: python -m http.server
PowerShell Webサーバ PowerShell https://github.com/MScholtes/WebServer/tree/master

 

追加情報

  • Microsoft Internet Information Services( IISとしてよく知られています)は、「無料」でもオープンソースでもありませんが、ほとんどのWindows環境ではすでにすぐに利用できます。次のようなMIMEタイプを追加する必要があるかもしれないことに注意してください。そうしないと、netbooting時に使用される"kernel"のような拡張子のないファイルは提供されません。StackOverflowに関するこの記事 では、いくつかの有用な情報を提供します。
    • ファイル名の拡張子: 
    • MIMEタイプ:  application/octet-stream
  • また、一部のサーバポートがOSによってすでに使用されている場合や、管理上の制限により特権ポートへのアクセスが禁止されている場合があります(1-1023)。その場合は、別のポート(たとえば8080 )でリッスンするようにWebサーバを設定し、URLでそのポートを指定することを忘れないでください。
  • 接続先のホストを指定する場合は、FQDNではなくURLにIPアドレスを指定することを推奨します。これにより、接続の問題の原因の1つ(DNSの到達可能性/名前解決)を排除できます。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.