メインコンテンツまでスキップ

Unified Manager でパフォーマンス統計をエクスポート / 監視するにはどうすればよいですか?

Views:
27
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
OM
Last Updated:

 

環境

アクティブ IQ Unified Manager 9.8

回答

  •  上位 10 個のカウンタのパフォーマンス
  1. ダッシュボード
  2. パフォーマンス容量 で、パフォーマンス統計を受信するクラスタを選択します
  3. 上位のオブジェクトを選択し 、期間を調整します
  4. エクスポートするストレージ VM を選択(上位 10 個のノード、上位 10 個のアグリゲート、上位 10 個の Storage VM など)
  5. 指標(レイテンシ、 IOPS 、 MBps など)を選択
  6. エクスポートをクリックします
  • ボリューム、 Storage VM、 LUN などの個々のオブジェクトのパフォーマンスを長期間( 13 カ月以上)監視しますが、このパフォーマンスデータはエクスポートできません。
  1. [ストレージ]をクリックします。
  2. Storage VM (例:)をクリック します
  3. 目的の Storage VM をクリックします
  4. [ パフォーマンスビューに切り替え ] を選択します
  5. 期間を選択 し、レイテンシ、 IOPS などを確認します
  •  スケジュール済みレポート

この機能を使用すると、アグリゲート、 LUN 、ボリュームなどの個々のオブジェクトについて、毎日または毎月のレポートをスケジュールできます。この方法を使用して、目的のオブジェクトのパフォーマンスレポートを送信する日にちを選択できます。これを行うには、以下の手順に従ってください。

  1. [ストレージ]をクリックします。
  2. Storage VMs を選択
  3. View Select Performance :すべての Storage VM
  4. [Scheduled Reports] をクリックします
  5. スケジュールを追加
  6. レポートと受信者の頻度を選択して保存します
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.