メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Unified Managerでパフォーマンスデータを収集すると、障害はどのように処理されますか。

Views:
1
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
OM
Last Updated:

環境

Active IQ Unified Manager 9.x

回答

  • AIQUMでパフォーマンスを収集すると、指定された期間のパフォーマンスアーカイブ(CCMA)がクラスタから取得され、DB内のデータの順序が決定されます。これらのアーカイブには、タイムスタンプによって名前が付けられます。
  • パフォーマンス取得に失敗した場合は、ネットワーク接続または一時的な問題が解決された時点で、問題のファイル名/タイムスタンプが存在する必要があるため、後で再試行して失われたアーカイブを取得します。
  • パフォーマンスデータに永続的なギャップがある場合、これは通常、問題のアーカイブがONTAPで生成されなかったか、AIQUMがクラスタとの通信を回復した時点までに経過時間が経過したためにロールオフされたことが原因です。

追加情報

AdditionalInformation_text
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.