メインコンテンツまでスキップ

Unified Managerで廃止/解決済みのイベントに関連するアラートを停止する方法

Views:
48
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • Active IQ Unified Manager(AIQUM)
  • OnCommand Unified Manager(OCUM)

説明

この記事では、OCUMで廃止/解決済みイベントに関連するアラートを停止する方法について説明します。

手順

 
Active IQ Unified Manager 9.7以降
  1. UMインターフェイスで、 [Storage Management]->[Alert Setup]に移動します。
  2.   右上の[Resolved Events and Obsolete Events]オプションを無効にする

Active IQ Unified Manager(AIQUM)

 

アクティブなUnified Manager 9.6
  1. UMインターフェイスで、 [Configuration]>[Alerting]に移動します。
  2.   右上の[Resolved Events and Obsolete Events]オプションを無効にする 

解決済み / 廃止状態のイベントに対するアラート

Unified Manager 9.5以前

diag ユーザとしてCLIにログインします。

警告

  • DIAGシェル内で変更を行うと、仮想アプライアンス内のデータが失われたり機能が失われたりすることがある
  • DIAGシェルを開始する前に、データベースバックアップと仮想マシンのSnapshotを作成することを推奨します。

以下のコマンドを実行します(大文字と小文字が区別されます)

dfm cli login -u <maintenance_user> -p <password>
​dfm option set terminalEventState.alertEnabled=false

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.