メインコンテンツまでスキップ

AIQUMおよびWFAを使用したNDMPバックアップおよびリストアの前提条件は何ですか。

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • Active IQ Unified Manager ( AIQUM )
  • OnCommand Unified Manager ( OCUM )
  • OnCommand Workflow Automation(WFA)

回答

  1. Unified Manager(UM)が UM Web UIからWFAサーバに接続されている必要があります
  2. SnapMirror保護には、SnapMirrorライセンスが必要です
  3. バックアップSnapVault を保護するには、SnapVault ライセンスが必要です
  4. NDMP通信用に、次のポートが開いている必要があります
ポート Endpoints

10000

  • UMサーバ<->ソースクラスタ管理LIF
  • UMサーバ<->デスティネーションクラスタ管理LIF
11104、11105、18600 - 18699 クラスタ間(IC)LIF
  • 注:ndmpd.data_port_rangeIC LIFのオプションを使用して、ポート範囲を絞り込むことができます

vserver services ndmp modify -vserver * -data-port-range 18600-18699

  1. SVMを対象としたNDMPを有効にし、NDMPで許可するプロトコルを検証する必要があります
  2. SVM NDMPパスワードを作成します
  3. クラスタとSVMのピアに損傷がないこと、および動作していることが必要です 
  4. ソースクラスタとデスティネーションクラスタの両方を UM サーバに追加し、エラーなしでインベントリを正常に実行する必要があります
  5. 保護関係のセットアップに関連するユーザ / 権限は次のとおりです。
    • UM : OnCommand Administrator で管理します
    • クラスタ:ローカルクラスタ管理者アカウント
      • リモート(ドメイン、LDAP、SAML)ユーザは、クラスタ上のアカウントのNDMPパスワードを生成できないため機能しません
  6. ソースボリュームに「ミラー」または「スナップショット」関係を作成する前に、次の情報を収集します。
    • ソースボリュームタイプは読み取り / 書き込みにする必要があります
    • デスティネーションクラスタ名
    • デスティネーションSVM名
    • デスティネーション アグリゲート

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.