メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Unified ManagerがCVE-2023-4807の影響を受けないのはなぜですか?

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

Active IQ Unified Manager

回答

  • AIQUM for Linux(vAppおよびRHEL)の場合、 [1][2]このCVEのNIST概要は、この脆弱性がWindows x64プラットフォームに存在することを明示的に示しています。この脆弱性は、OpenSSLのWindows x64リリースの特定の暗号に特定のCPU命令が実装されていることに関係します。この暗号のOpenSSL内のLinux実装では、この命令や実装は使用されません。
  • AIQUMのWindowsリリースでは、AIQUMにOpenSSLは付属していません。システムがWindows上にあり、このCVEのセキュリティスキャンに表示されている場合、これはOpenSSLが何らかの理由で別 々 にインストールされたことを示し、同じ方法で別 々 にアップグレード可能である必要があります。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.