メインコンテンツまでスキップ

ONTAP の「統計ボリューム」と Active IQ Unified Manager の IOPS 値に違いがあるのはなぜですか。

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
OM
Last Updated:

に適用されます

  • OnCommand Unified Manager ( OCUM )
  • Active IQ Unified Manager ( AIQUM )
  • ONTAP 9

回答

  • ボリュームレイヤ( WAFL レイヤ)のサイズは最大 64kB です。
  • プロトコル( LUN または CIFS / NFS の処理)のサイズは、処理サイズが大きい( 65KB から MB に拡張)ことがあります。
  • 複数の操作が、プロトコルと WAFL 間で並行して 64kB 要求に分割されます。
  • これは、 QoS ポリシーにも影響を与える可能性があります。
    • QoS ポリシーはプロトコルレイヤの動作数に関係します。

: Microsoft SQL は、 1 つの LUN に対して 256KB のシーケンシャルリードでデータベースクエリを実行し、 4 つの 64kB WAFL 読み取りメッセージに変換します。

追加情報

  • この 2 つを比較するには、次のコマンドを使用します。
    • Cluster::> set diag -c off; statistics start -object volume-vserver <SVM name> -instance <volume name> -node <node where data LIF is>
    • Cluster::> qos statistics volume performance show -vserver <SVM name> -volume <volume name>
  • NetApp Harvest volume ビューには、 WAFL レイヤの指標(と同様 statistics start -object volume)が表示されます。

例: Harvest と AIQUM からの IOPS のスクリーンショット

AIQUM.png

Harvest.png

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.