メインコンテンツまでスキップ

アラートが 一般的な場合、StorageGRIDのSNMPトラップにソースのグリッド名が含まれない

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid<a>2009546379</a><a>for_translation</a>
Specialty:
sgrid
Last Updated:

環境

  • StorageGRID 11.6.0.7
  • SNMPトラップ
  • Multi StorageGRID環境

問題

  • 以下のような一般的なアラームに対してStorageGRIDで生成されるSNMPトラップには、トラップのhostフィールドは含まれません。アラームはStorageGRIDシステム全体を対象としたもので、特定のノードを対象としたものではないためです。
    • ロードバランサエンドポイント証明書の有効期限
    • S3およびSwift APIのグローバルサーバ証明書の有効期限
    • その他多数
  • トラップを送信したStorageGRIDを判別するための唯一の参照ポイントは、管理ノード名/送信元StorageGRIDを識別するために手動でホスト名に変換する必要がある送信元IPです。
  • 送信元StorageGRID名を各トラップとともに送信する既存の機能はありません。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.