メインコンテンツまでスキップ

外部NTP時間ソースの選択に関するベストプラクティス

Views:
144
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

環境

  • StorageGRID 7.5
  • StorageGRID 8.1
  • StorageGRID 8.5
  • StorageGRID 9.0

回答

背景:

StorageGRIDは分散された一連のサービスで構成されており、主に別 々 のハードウェアで実行されます。このように分散しているためには、基盤となるハードウェアの正確でタイトなタイミングが必要です。サーバのクロックのずれが大きすぎると、StorageGRIDは外部ノードとの通信を切断します。

タイミングはStorageGRID機能にとって非常に重要であるため、NTPサービスは他のすべてのグリッドサービスに依存します。NTPが正常に起動しないと、ServerManagerは他のサービスをオンラインにしません。実際、これはメンテナンス手順で利用されています。0バイトのファイルを作成することで、StorageGRIDソフトウェアの自動起動を防止できます。 /etc/sv/ntp/DoNotStart

StorageGRIDをインストールする際のベストプラクティスは、NTPを階層的に設定することです。制御ノードは外部の時間ソースとの時刻同期用に設定されます。また、同期ピアとしても設定されています(つまり、制御ノードは外部ソースと同様に相互に同期します)。StorageGRID内の他のすべてのノードは、制御ノードをタイムソースとして使用します。

外部の時間ソースから十分な数の制御ノードが逸脱すると、グリッド全体が外部の時間ソースから逸脱し始める可能性があります。

設定されたソースからの大幅なずれは「フライホイール」と呼ばれ、単一のノードまたはグリッド全体に影響する可能性があります。

StorageGRIDで時間の正確性と正確性を維持するためには、次のベストプラクティスに従ってNTPを設定する必要があります。

  • Stratum 1時間ソースを使用します。ストラタム0は通常、ネットワーク経由でアクセスできないアトミッククロックまたは無線クロックです。Stratum 1ソースは、Stratum 0ソースに直接接続されているサーバであるため、利用可能な最も正確なNTPソースです。NTP階層の完全な概要は Wikipedia NTPページで入手できます。
  • Stratum 1ソースは4~8の間で使用します。複数のソースを使用すると、アップストリームのネットワークが停止した場合にNTPがロックされる可能性が高くなりますが、ソースが多すぎると複雑になり、メリットはありません。ノードまたはグリッドでNTPロックが失われてフライホイールが開始された場合、ソースが多数あると修復作業が複雑になる可能性があります。
  • 選択時に地理的にローカルなソースを選択します。これにより、ネットワーク遅延と特定のソースへのネットワーク停止の可能性の両方が削減されます。
  • 新しいタイムソースへの接続は、NTP設定に組み込む前に必ずテストしてください。
  • その他のNTPソースを検索するには、次のリソースを使用します。
  • 詳細については、「 オフサイトNTPサーバの選択」を参照してください

本書の執筆時点では、次のNTP Stratum 1ソースがStorageGRID環境で一般的に使用されています。

  • 太平洋標準時

tick.ucla.edu (164.67.62.194)

utcnist.colorado.edu (128.138.140.44)

timekeeper.isi.edu (128.9.176.30)

usno.pa-x.dec.com (204.123.2.72)

  • 山岳部のタイムゾーン

utcnist.colorado.edu (128.138.140.44)

utcnist2.colorado.edu (128.138.141.172)

usno.pa-x.dec.com (204.123.2.72)

  • 中央タイムゾーン

time.nist.gov (192.43.244.18)

nist1-lnk.binary.net (216.229.0.179)

nist.time.nosc.us (96.226.123.117)

  • 東部標準時

navobs1.gatech.edu (130.207.244.240)

nist1-ny.ustiming.org (64.90.182.55)

nist1-nj.ustiming.org (96.47.67.105)

追加情報

AdditionalInformation_text

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device