メインコンテンツまでスキップ

ボリュームレベルのIOPSがAIQUMでノードIOPSを超える理由

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

Active IQ Unified Manager 9.xのリリースを参照してください

回答

  • ノードのレイテンシとIOPSは、クラスタレベルのプロトコル(NFS、CIFS、iSCSI、FCP)によって計算されます
  • この計算は、そのノードのホームにあるデータLIFへのトラフィックに基づいて行われます。トラフィックが使用されていない場合もあります。
  • データLIFがクラスタ内の別のノードに存在するためにボリュームに間接的にアクセスしている場合、そのボリュームがホストされているノードからトラフィックは報告されません。これを間接I/Oと呼びます。
  • ボリュームレベルのグラフで内訳の統計を確認し、内訳(W/R/O)-書き込み/読み取り/その他を確認し、間接IOPS(Other)のロットを確認します。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.