メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP システムに接続されたNetApp Eシリーズアレイで、アクティブ/パッシブフェイルオーバーモードとALUAフェイルオーバーモードを無停止で切り替える方法

Views:
12
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

 

環境

  • clustered Data ONTAP 8
  • SAN
  • FlexPod
  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 8.xx
  • Vシリーズ

説明

clustered Data ONTAP 8.2.3以降では、「Data ONTAP (ALUA)」ホストタイプ(ホストオペレーティングシステム)がサポートされ、NetApp Eシリーズストレージアレイでの使用が推奨されます。
メモ:Eシリーズコントローラファームウェア8.25以降で、Data ONTAP (RDAC)ホストタイプは廃止されました。EシリーズのホストタイプをRDACからALUAに変更する場合は、8.25以降にアップグレードする前に次の手順 を完了しておく必要があります。

本ドキュメントの目的は、システムを停止することなく手順 を提供し、clustered Data ONTAP システムに接続されたNetApp Eシリーズアレイ上のホストタイプを変換することです。推奨される手順 を使用せずにホストタイプを変更すると、データを提供しているclustered Data ONTAP システムが原因 によって停止する可能性があります。
この無停止の手順 を使用して、Data ONTAP システムに接続されたEシリーズアレイについて次の作業を実行できます。

  • Data ONTAP (RDAC)ホストタイプを使用する既存の構成をData ONTAP (ALUA)ホストタイプに切り替えます
  • Data ONTAP (ALUA)ホストタイプの既存の設定をData ONTAP (RDAC)ホストタイプに切り替えます


この記事で「Data ONTAP システム」と記載されている用語は、NetApp Eシリーズアレイ上のストレージアレイに接続できるVシリーズシステムおよびFAS システムを指します。ALUAホストタイプは、ファームウェアバージョン「08.10.15.00」以降でサポートされています。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.