メインコンテンツまでスキップ

ドロワー損失の保護が機能するかどうかをテストする方法

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

E シリーズ

回答

ドロワー損失の保護が有効な場合、1つのドロワーとの通信が完全に失われた場合でもプールまたはボリュームグループ内のボリューム上のデータへのアクセスが保証されます。通信が完全に失われる例としては、ドロワーへの電力供給の停止やドロワー内の内部コンポーネントの障害などがあります。

ドロワーを1つ引き出して、ディスクプールへのアクセスに問題がないかどうかを確認します。ディスクプールがアクセスに正常な場合は、ドロワー損失の保護が機能します。

追加情報

AdditionalInformation_Text
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.