メインコンテンツまでスキップ

Brocade スイッチの PortTerrShow 出力から得られる情報は何ですか。

Views:
3,599
Visibility:
Public
Votes:
3
Category:
flexpod-with-infrastructure-automation
Specialty:
brocade
Last Updated:

環境

  • Brocadeスイッチ
  • ポルテルショー

回答

  • のエラーは porterrshow 、前回エラーがクリアされてからの累積値です。
  • 適切に分析するには、ポートの統計情報をクリア(portstatsclearまたは statsclear)し、スイッチをしばらく実行して、現在蓄積されているエラーを確認する必要があります。

次のようなメッセージが表示されます。

porterrshow 16 :
CURRENT CONTEXT -- 2 , 11
     frames        enc  crc  crc    too   too   bad  enc   disc  link  loss  loss  frjt  fbsy  c3timeout    pcs   uncor
     tx     rx     in   err  g_eof  shrt  long  eof  out   c3    fail  sync  sig               tx    rx     err    err
16:   0      0   0  0    0    0      0     0     0    0     0     0     0     0     0     0     0      0       0    0

フレーム送信フレーム数を表すtx/rx N/Aカウンタ。

エラー 説明
Enc_in
  • フレーム内の8ビット/10ビットエンコードエラー。
  • フレーム内のワードはエンコードされ、このエンコードが破損した場合、またはエラーが検出された場合は、enc_inが生成されます。
  • フレームを継続的に受信するリンク上のリンクビットエラーレート仕様に最低限準拠すると、約20分ごとに1つのエラーが原因されます。
  • 関連するNXポートの再初期化/再起動によっても、これらのエラーが原因されることがあります。
  • ワイヤーに当たったものはすべて8/10bエンコーディングを使用してエンコードされます。Bit Error Rate(BER;ビットエラーレート)の式は、BER = NERR/nbitsです。
  • BERは、送信されたビットシーケンスを受信ビットと比較し、エラー数をカウントすることによって計算されます。
  • 受信した合計ビット数に対するエラーで受信したビット数の比率は、BERです。
  • この測定比は、信号対ノイズ、歪み、ジッタなどの多くの要因によって影響を受けます。
Crc_err
  • 数式を使用すると、送信ポートでカウンタが生成されます。受信ポートは、同じ式を使用して確認と比較を行います。
  • 統計的には、 crc_errenc_out エラーの合計がGBIC / SFPに問題があることを意味します。
  • bad_eof 以下も参照してください。CRCおよびENC_INはSFPまたはASIC問題を指しています。ディスクが変更された場合や、その他の理由でループが初期化された場合に、ファブリックに接続しているループ(FMCなど)でENC_OUTが表示されることがあります。
  • このループの初期化は、ONTAPからは認識されない場合があります。
  • したがって、どのような接続が行われ、この接続に何が期待されるかを知ることが重要です。  
  • 一般的に CRC_errs は、SFPを搭載した問題を示します。
Too_long
  • FCフレームは最大2148バイト(FC最大値を超えるフレーム- SOF +ヘッダー+ 2112バイト+ CRC + EOF)
  • eofが破損しているか、データ生成が正しくない場合は、to_longエラーが報告されます。
Too_short
  • SOFとEOFで区切られたフレームが受信され、SOFとEOF間のワード数が7ワード(6ワードヘッダー+ 1ワードCRC)未満、つまりSOFとEOFを含む38バイト(48バイトではない)になるたびに、TOO_SHORTエラー統計カウンタが増分されます。
  • これは、送信機または信頼性の低いリンクが原因である可能性があります。
Bad_eof
  • 同期エラーの損失後、連続モード・アライメントにより、レシーバーはレシーバーが動作している間、着信ビットストリームの任意のポイントでワード・アライメントを再確立できます。
  • このような再アライメントが発生した場合、結果として生じるエラー状態の検出は、より高いレベルの関数(無効なCRCやEOFの欠落など)に依存します。
Enc_out
  • 8ビット/ 10ビットエンコードエラーがFCフレーム外のワード(順序付きセット)で発生しました。
  • フレーム外のワードはエンコードされます。このエンコードが破損している場合、またはエラーが検出された場合は enc_out 、が生成されます。
  • これは、リンクビットエラーレートが許容する速度よりも速く増加する場合に問題があることを示しています。1 Gbit/sで約20分に1回です。統計的には、 enc_out エラー自体がケーブル/コネクタに問題があることを意味します。
  • Enc_out エラーとの crc_err 合計は、GBIC / SFPに問題があることを意味します。
  • このようなエラーは、ユーザがポートをシャットダウンして起動するたびに発生します(ホストの再起動、ストレージサブシステムの電源再投入、ケーブルの取り外し/プラグ解除、またはportdisable/portEnableなど)。
  • このようなエラーは、オートネゴシエーションがオフになっているときに、1Gbit/sポートが2Gbit/sポートに接続されているリンクでも発生します。
  • CRCおよびenc_inは、SFPおよび/またはASIC問題である可能性が高くなります。ENC_OUTはSFP/ケーブルの可能性が高くなります。
  • また、ディスクループ(FMC)に接続すると、ディスクループが上昇する可能性が高くなります。これは必ずしも問題を示しているとは限りません。
  • 可能性のある問題を特定するには、 portErrShowに含まれていない他のカウンタを調べます。
Disc c3
  • デバイスが最初にFLOGIingを使用せずにフレームを送信した場合、または無効な宛先を使用してフレームを送信した場合、スイッチによって廃棄クラス3エラーが生成されることがあります。
  • このエラーは、廃棄が発生したことを報告しているだけです。
  • フレームは、タイムアウト、宛先到達不能、ゾーン破棄など、さまざまな理由で破棄できます。ほとんどの場合、タイムアウトが表示されます。これは、フレームがバッファ内のE_D_TOVより長いことを意味します。
  • DISC/C3は、必ずしも問題の原因となっているフレームを破棄するポートではないため、トラブルシューティングは簡単ではありません。
Link-fail
  • ポートがタイムアウト時間(R_A_TOV)よりも長い期間LR Receive Stateのままである場合、リンクリセットプロトコルのタイムアウトが検出され、リンク障害状態(NOS送信ステートに入ります)が発生します。
  • また、リンク障害は、オフライン状態ではないときにR_ATOV値よりも長く持続する信号の喪失または同期の喪失が検出されたことを示しています。
Loss sync
  • ビット境界または伝送ワード境界での同期エラーは、個別に識別できず、原因の同期損失エラーも発生します。
  • このようなエラーは、ユーザがポートをシャットダウンして起動するたびに発生します(ホストの再起動、ストレージサブシステムの電源再投入、ケーブルの取り外し/プラグ解除、またはportdisable/portEnableなど)。
Loss sig
  • 信号が送信されているが、同じポートで受信されていない場合に発生します。
  • このようなエラーは、ユーザがポートをシャットダウンして起動するたびに発生します(ホストの再起動、ストレージサブシステムの電源再投入、ケーブルの取り外し/プラグ解除、またはportdisable/portEnableなど)。
Frjt
  • ファブリックがクラス2フレームを処理できない場合は、F_RJTが返されます。
Frbsy
  • ファブリックがE_D_TOV内でクラス2フレームを配信できない場合は、F_BSYが返されます。
c3-timeout tx
  • タイムアウト(プラットフォームおよびポート固有)のために送信ポートで廃棄された送信クラス3フレームの数。  
  • これは、デバイスがスイッチに接続された問題を示します。
c3-timeout rx
  • このポートで受信され、タイムアウト(プラットフォームおよびポート固有)のために送信ポートで廃棄された受信クラス3フレームの数。  
  • これは、スイッチ上のポートを持つ問題を示します。
pcs err
  • 物理コーディングサブレイヤ(PCS)ブロックエラーの数。このカウンタは、10Gb/秒、16Gb/秒、または32Gb/秒のポートでエンコード違反を記録します。
  • 光電源を確認します。
uncor err 修正不能な 前方誤り訂正(FEC)の数。CRC、enc_out、不正なeof(pcs err)エラーがないか確認します。

注:

  • これらのエラーは、常に相互に関連して、接続されているデバイスに関連して表示されます。
  • 28台のディスクが接続されているループと、ファブリックモードのHBAには違いがあります。  
  • さらに、他のエラーがないCRC自体は、enc_outエラーを伴うCRCとは異なる原因を持つ可能性があります。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.