メインコンテンツまでスキップ

EMSメッセージwafl.analytics.tooMuchMemory

Views:
1
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
CORE
Last Updated:

環境

ONTAPのファイルシステム分析(FSA)サブシステム

問題

  • ファイルシステム分析(FSA)サブシステムは、フロントエンド処理の処理中に最小限の情報を記録することで動作します。ファイル処理によって行われた変更で永続的な分析レコードを更新できるのに十分です。 
  • 帯域外では、FSAサブシステムはこれらの「デルタ」レコードを検査し、変更(マージ)を適用して、それらをボリュームのルートディレクトリに伝播します。 
  • FSAは、マージが必要な未処理のデルタレコードを追跡するのに役立つインメモリデータ構造を維持しています。これは基本的に保留中の作業のキューを表します。多くの場合、変更はすぐに適用されません。これは、フロントエンドトラフィックによるリソースの競合を回避するためです。
  • FSAサブシステムの保留中の作業量が多すぎると、このデータ構造が予想よりも大きくなる可能性があります。一定のしきい値に達すると、このEMSが警告として発行されます。
  • 最終的に、過剰なメモリ消費がノードの安定性とパフォーマンスにとって問題になる可能性があります。また、 FSAの処理が遅れている間、(REST APIまたはSystem Managerを使用した)FSA情報が予想よりも新鮮でない場合があります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.