メインコンテンツまでスキップ

ONTAP ハイアベイラビリティペアは、単一の「グローバル」スペアドライブでカバーできますか。

Views:
2
Visibility:
Internal
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • プール
  • ルートデータ
  • RAID グループ
  • アドバンストディスクパーティショニング( ADP )

回答

HA ペアの一方のノードが所有する 1 本のスペア SSD は、次の場合に「グローバル」スペアとして機能します。

  1. AutoSupport セクション COREDUMP-STATUS.xml に「コアダンプのタイプ」 = 「シェフ」と表示
  2. システムバグ 1361016 の修正が必要です

それ以外 の構成では、パーティショニングされていない SSD が 1 本あればグローバルスペアとして機能しません。つまり、自動的にパーティショニングされ、所有権が変更されて、デグレード状態の RAID グループを再構築するために使用されます。

root-Data- 「 Type of Core Dump 」が表示 ONTAP 9 でドライブを手動でパーティショニングする方法されないモデルのデータ設定 = 「概要」は、手動でパーティション化して割り当てることができます。  この処理はドライブ交換のたびに手動で実行する必要があり、パニックが発生した場合は分析に使用できるコアはありません。

 

This is an internal KB article and its content should not be copy/pasted and shared with people outside of NetApp. Always seek Duty Manager authentication of caller for password reset requests. If you need further assistance post a question in Knowledge Xchange