メインコンテンツまでスキップ

wrfile を使用してストレージ・システムの構成ファイルに行を追加する方法コマンド wrfile には、保存せずに終了するオプションはありません

Views:
302
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • CIFS
  • NFS

説明

この資料では、 wrfile を使用してストレージシステムの構成ファイルに行を追加する方法について説明します。

  • ストレージシステムへの CIFS ( Common Internet File System Protocol )または NFS ( Network File System )アクセスはありませんが、管理者はファイル全体を編集せずに、ストレージシステムの構成ファイルに行を追加する必要があります。
  • 通常wrfile 、コマンドを使用しCtrl-Cread: error reading standard input: Interrupted system call.
    Ctrl-Cて変更を保存する場合は、次の点を無視して使用します。以外のキーシーケンスは使用できません。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.