メインコンテンツまでスキップ

SNMP に関する資料は何ですか。

Views:
1,756
Visibility:
Public
Votes:
2
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP EMS
  • ONTAP 9.x
  • clustered Data ONTAP 8.3
  • Data ONTAP 8.2 7-Mode

回答

この資料には、 SNMP の運用およびトラブルシューティングのワークフローのほとんどのリストが記載されています。ただし、これは包括的なリストではありません。これを使用して、特定のカテゴリに分類された一般的に使用されるトラブルシューティング KB に検索を絞り込むことができます。

概要: SNMP とは

簡易ネットワーク管理プロトコル( SNMP )は、 IP ネットワーク上のデバイスを管理するためのインターネット標準のアプリケーションレイヤプロトコルです。SNMP は、ストレージシステムとその機能を監視および管理するように設定できます。SNMP は®®、 Data ONTAP を 7-Mode で実行し®®ている NetApp ストレージシステムと、 clustered Data ONTAP を実行している NetApp ストレージシステムでサポートされています。SNMP はエージェント / マネージャモデルに基づいています。

7-Mode と clustered Data ONTAP の SNMP サポートの違い

NetApp® カスタム MIB ( netapp.mib®® )ファイルは、 7-Mode で動作する clustered Data ONTAP と Data ONTAP に共通ですが、 2 つの動作モードでサポートされる SNMP のレベルに違いがあります。

®®7-Mode で動作®する Data ONTAP と clustered Data ONTAP の両方について、 Data ONTAP 8.2.x で提供される SNMP MIB および SNMP トラップのサポートレベルの概要と、 8.3.x および 9.0 で利用可能なサポートについては、次のテクニカルレポートを参照してください。
TR-Guide:『SNMP Support in Data ONTAP』®

設定リンク:
ONTAP

『 SNMP Configuration Express Guide 』( 8.3 9.x )
『 SNMP Management Guide 』( 8.2 7-Mode 8.3 9.x
『 System Manager SNMP Guide 』( 8.2 7-Mode 8.3 、 9.x )

Data ONTAP 8.3 以降では、 OnCommand System Manager は Data ONTAP のバンドルコンポーネントであり、 Data ONTAP のマニュアルセットに含まれています。

9.x の既知の問題: System Manager を使用してトラップホストの設定をテストすると、で失敗します

「 Data ONTAP API が失敗しました。そのコマンドでは認証されていません(エラー: 13003 )」

バグ 1058259 - snmp-test-trap-trigger が ONTAP 9.0 および 9.1 で失敗

ました。注意:影響を受けるのは、 System Manager からのテストトラップコールだけです。設定の変更は ONTAP で適用されます。

OnCommand 製品

OnCommand Unified Manager for clustered Data ONTAP ( 7.2 )
OnCommand Workflow Automation (バージョンへのリンク

よくある質問

組み込みトラップと SNMP オブジェクト OID を使用したデータのプルの違いは何ですか。

組み込みトラップは Data ONTAP で事前に定義®されており、イベントが発生すると、トラップホストリストのネットワーク管理ステーションに自動的に送信されます。これらのトラップ(diskFailedShutdown、cpuTooBusy、volumeNearlyFullなど)はカスタムMIBで定義されています。各ビルトイン トラップは、一意のトラップ コードで識別されます。
 基本的に、ネットアップの組み込みトラップには、 snmpget または snmpwalk の実行に使用できる OID はありません。
 

SNMP をサポートする EMS イベントを検索する方法を教えてください。

SNMP をサポートする EMS イベントを表示するには、 EMS カタログを照会し、 snmp-support フラグを利用します。
リスト全体を表示する
::> event route show -snmp-support true

には、次の例では、 SNMP トラップをサポートする EMS ボリュームイベントのクエリーが送信されます。  
 ::> event route show -snmp-support true -messagename *vvol*                                                                                                                                                                                                                                   Freq      Time
Message                          Severity                Destinations                   Threshd Threshd
-------------------------------- --------------             --------------                          -------     -------
wafl.vvol.offline               INFORMATIONAL     -                                       0            0
wafl.vvol.online               INFORMATIONAL     -                                        0            0
wafl.vvol.restrict              INFORMATIONAL     -                                        0            0
3 entries were displayed.

 

既知エラー:

clustered ONTAP

Error: command failed: Failed to add or change SNMP destination because all SNMP destinations defined in both the SNMP and event subsystems mustmatch. Use the "system snmp traphost show" or "event destination show-name traphost" commands to see the current list of traphost destinations.

解決:

clustered Data ONTAP で SNMP トラップホストを削除するときにエラーが発生しました
 

Error: The user "public" is currently configured for sending notifications. Delete all traphosts associated with this user using "traphost delete" command and try again.
command failed: resource in use

解決:

このメッセージは、トラップホストが設定されていることを示します。トラップホストが最初に設定されると、デフォルトのパブリックコマンド文字列に従って、 defualt snmpuser "public" に関連付けられます。 

1. トラップホストが設定

れていることを確認します。: > System SNMP 2 。トラップショットを削除

します(必要に応じて追加するために情報を記録します)。: >system snmp traphost delete-peer-address 3パブリックコミュニティストリング
を削除し
ます。 :>system snmp community delete-community-name public-type ro4トラップショットを再度追加
します。: > System SNMP TrapHost Add
 

Error: ONTAP 9.2 and earlier software can send an SNMP trap to previously configured trap hosts even  after removal

解決:
バグ: 982104- 回避策を実行します 
  1. データベースをクリアし、現在のトラップホストを追加するすべてのトラップホストを削除します。

: > System SNMP TrapHost Delete の順に選択します

  1. 現在のトラップホストを追加します

: > System SNMP TrapHost Add の順に選択します

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.