メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP 8.2および8.3のソフトウェアライセンスとパッケージの要件について教えてください。

Views:
362
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • clustered Data ONTAP 8.2
  • clustered Data ONTAP 8.3

回答

Data ONTAP 8.2および8.3ソフトウェアのライセンスとパッケージ

Data ONTAP 8.1のパッケージとライセンスキーの情報については、KB:Data ONTAP 8.1 7-Modeでのライセンスキー使用を参照してください。

Data ONTAP 8.2および8.3では、コントローラのシリアル番号に関連付けられたノード固有のソフトウェアライセンスキーが使用されます。使用権のあるハードウェアのコントローラのシリアル番号は各ライセンスキーに組み込まれており、これらのキーはそのターゲットコントローラでのみ機能します。Data ONTAP 8.2および8.3のライセンスキーは、複数のコントローラで使用することはできません。また、ライセンスキーを転送する(「ヘッドの交換」中など)場合は、ネットアップの介入が必要です。

Data ONTAP 8.2および8.3のライセンスキーは28文字です。以前のバージョンのData ONTAP ライセンスキーから簡単に特定できます。

次の表1に、Data ONTAP 8.2および8.3ソフトウェアパッケージモデルを示します。Data ONTAP のプロトコルと機能を有効にするために必要なライセンスキーの場所について説明します。

表1:FAS22XX、およびFAS/V32XX、FAS/V62XXシステム向けのData ONTAP 8.2および8.3ソフトウェアパッケージとライセンスキーの詳細 
clustered Data ONTAPまたは7-Mode Data ONTAP 8.2または8.3でサポートされる製品や製品の詳細については、該当するバージョンのリリースノートを参照してください。

 

 

ソフトウェア製品名

含まれている製品  

ライセンス料金

ライセンスキーの詳細

ソフトウェアバンドル

FAS/V32XX / FAS/V62XX Data ONTAP Essentialsに追加されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FAS22XX Data ONTAP の基本事項

  • 選択肢の1つ(以下のプロトコルを参照)
  • DSM / MPIO
  • サポートされるその他のモードや機能については、使用しているバージョンのData ONTAP リリースノートを参照してください。

                                           

  • iSCSI、CIFS、NFS、FCP(FCoEを含む)
  • FCPプロトコルは、7-ModeのFAS2240でのみサポートされます
  • FAS2220では、FCPプロトコルはサポートされていません
  • DSM - MPIO
  • サポートされるその他のモードや機能については、ご使用のバージョンの『リリースノート』を参照してください

            

Data ONTAP に付属しています

 

 

 

 

 

 

                                          

 

 

 


Data ONTAP に付属しています

 

ライセンスキーが必要です

                       

 

DSM / MPIOライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります

 

 

 

 

 


ライセンスキーが必要です

 

 

 

 

DSM / MPIOライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります。

SnapVault

SnapVault® プライマリおよびSnapVault® セカンダリ

ライセンス料金

1つのSnapVault ライセンスキーでプライマリとセカンダリの両方のSnapVault のロックを解除できます

オプションのソフトウェア

プロトコル

iSCSI、FCP(FCoEを含む)、CIFS、NFS(すべてのプロトコルを別売り)

ライセンス料金

各プロトコルライセンスキーは、個別にインストールする必要があります。

SnapRestore

SnapRestore ®   

ライセンス料金

SnapRestore ライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapMirror

SnapMirror ®

ライセンス料金

SnapMirrorライセンスキーは別途インストールする必要があります

FlexClone

FlexClone®

ライセンス料金

FlexCloneライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapLock

SnapLock ® 準拠および

SnapLock ® エンタープライズ

 

** clustered ONTAP ではSnapLock はサポートされていません

ライセンス料金

SnapLock ライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapProtect

SnapProtect®

ライセンス料金

SnapProtect ライセンスキーは別途インストールする必要があります

OnCommand Balance

OnCommand Balanceの略®

ライセンス料金

OnCommand Balanceライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapManager for Oracle

SnapManager® for Oracleホスト・ベースのソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります。

SnapManager for SAP

SnapManager® for SAPホスト・ベースのソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります

SnapManager for Virtual Infrastructure

SnapManager® for Virtual Infrastructureホスト・ベース・ソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります

SnapDrive for UNIX

SnapDrive® for UNIXホスト・ベースのソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります

:サポートされているバージョンと、SnapDrive およびSnapManager 製品、Virtual Storage Consoleなどのグラフィカルな管理ツールの有無の詳細については、ソフトウェアのダウンロードページを参照してください。

一部のプラットフォームでは、Data ONTAP 8.2または8.3アドオンソフトウェアのみを提供しています。表2に、これらのプラットフォームのパッケージとライセンスキーの要件を示します。

表2:FAS/V3140、FAS/V3160、FAS/VV3170、FAS/V6040、FAS/V6080システムにData ONTAP 8.2および8.3アドオンのソフトウェアパッケージ
clustered Data ONTAPまたは7-Mode Data ONTAP 8.2または8.3でサポートされる製品や製品の詳細については、該当するバージョンのリリースノートを参照してください。

 

アドオンソフトウェア製品名

含まれている製品

ライセンス料金

ライセンスキーの詳細

ソフトウェアバンドル

SnapVault

SnapVault® プライマリおよびSnapVault® セカンダリ

ライセンス料金

1つのSnapVault ライセンスキーでプライマリとセカンダリの両方のSnapVault のロックを解除できます

Server Virtual Bundle(FAS/V31XX)

NFSプロトコル、SnapMirror、SnapRestore 、SnapVault 、およびDSM-MPIO

ライセンス料金

個々の製品ライセンスキーの詳細を参照してください。DSM - MPIOライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります。

オプションのソフトウェア

プロトコル

iSCSI、FCP(FCoEを含む)、CIFS、NFS(すべてのプロトコルを別売り)

ライセンス料金

各プロトコルライセンスキーは、個別にインストールする必要があります。

SnapRestore

SnapRestore ®   

ライセンス料金

SnapRestore ライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapMirror

SnapMirror ®

ライセンス料金

SnapMirrorライセンスキーは別途インストールする必要があります

FlexClone

FlexClone®

ライセンス料金

FlexCloneライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapLock

SnapLock ® ComplianceおよびSnapLock ® Enterpriseの略

** clustered ONTAP ではSnapLock はサポートされていません

ライセンス料金

SnapLock ライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapProtect

SnapProtect®

ライセンス料金

SnapProtect ライセンスキーは別途インストールする必要があります

SnapManager for Oracle

SnapManager®for Oracleホスト・ベースのソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります。

SnapManager for SAP

SnapManager® for SAPホスト・ベースのソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります

SnapManager for Virtual Infrastructure

SnapManager® for Virtual Infrastructureホスト・ベース・ソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります

SnapDrive for UNIX

SnapDrive® for UNIXホスト・ベースのソフトウェア*

ライセンス料金

ライセンスキーがサーバにインストールされている必要があります

:サポートされているバージョンと、SnapDrive およびSnapManager 製品、Virtual Storage Consoleなどのグラフィカルな管理ツールの有無の詳細については、ソフトウェアのダウンロードページを参照してください。

FAS20xx、FAS/V3020、3040、3050、3070、およびではData ONTAP 8.2および8.3はサポートされません。 6030および6070

既存のコントローラ(Data ONTAP 8.1以前で購入したコントローラなど)にData ONTAP 8.2または8.3をクリーンに導入する場合は、新しいライセンスキーが必要になることがあります。このような場合は、営業またはサポート担当者に新しいライセンスキーをリクエストしてください。

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.