メインコンテンツまでスキップ

waflironによってデータの可用性にどのような影響が及ぶ可能性があるか

Views:
13
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9

回答

waflironの最初のフェーズでは、いくつかのベースラインチェックが完了したあと、アグリゲートおよび関連するボリュームがアンマウントされ、再マウントされます。

waflironの第1フェーズ:

  • ボリュームへのクライアントアクセスを制限します。
  • 一時的に原因 が応答しないコンソールがある。 
  • 完了までに30~60分かかる場合があります。
  • 完了すると、waflironによって残りのデータのチェックが続行されている間にデータの提供が可能になります。

:アグリゲートとボリュームに要因が要因となっているため、ストレージシステムの第1フェーズの所要時間を見積もることは難しくなります。次のような要因があります。 

  • Snapshotコピーの数
  • ファイル数
  • アグリゲート/ボリュームのサイズ
  • RAIDグループのサイズ
  • 物理データレイアウト
  • RAIDの再構築を実行中です
  • ボリュームのルートにあるLUNの数  

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.