メインコンテンツまでスキップ

「 volume show-space 」の出力に表示される「パフォーマンスメタデータ」とは何ですか。

Views:
84
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • clustered Data ONTAP 8.3
  • ONTAP 9

回答

パフォーマンスメタデータとは何ですか?

パフォーマンスメタデータは、削除または上書きされたデータによって消費されるブロックの集合です。これらのブロックは、対応するビットマップがまだ更新されていないため、空きスペースでは考慮されていません。この機能は、 Volume Blog という新しい機能によって導入されています。

「ボリュームブログ」とは何ですか?

  • 「 Volume Blog 」は、 Data ONTAP 8.3 で導入された新しい機能で、ビットマップの更新を蓄積して、ランダムなビットマップの更新によるパフォーマンスへの影響を軽減するために使用されます。 
  • この新機能により、ブロック解放手順の後半が延期される可能性があり、延期されたビットマップ更新はすべて、後でバッチ処理されます。

ボリュームレイヤでブロックを解放する手順は何ですか。

ファイルをクリアしてスペースを再利用するには、 2 つの手順を実行する必要があります。たとえば、ファイルを削除する場合は、次のようになります。

  • WAFL は、このファイルの buftree をトラバースし、間接ブロックをすべてティアダウンする必要があります。
  • WAFL では、削除されたブロック(間接ブロックとユーザデータブロックの両方)を空きブロックとしてマークするために、ビットマップを更新する必要があります。
    • 注意:ファイルは最初の手順が完了した後にすでに削除されていますが、スペースは 2 番目の手順が完了した後にのみ再利用されます。 

「ブログ」が私たちにもたらすスペースレポートの違いは何ですか? 

  • 削除されたファイルが占有していたスペースは、すぐに空きスペースに戻ることができない場合があります。

注: 空きスペースは availabledf vol_name 、出力の列で確認できます

  • 事前定義 されたしきい値があり、ボリュームサイズの 1.2% です。ブログファイルのサイズがこの 1.2 % のしきい値に達すると、 WAFL はすぐに排出を開始し、バッチの空き領域に戻します。
    • ほとんどの場合、ブログファイルのサイズ、またはボリュームブログによってロックされているスペースは、この 1.2% のしきい値より小さくなります。 
    • ただし、ボリュームブログに挿入された新規削除のレートがブログから削除されるレートよりも速い場合、ブログファイルはブログの上限に達するまで成長を続けます。
       
  • このパフォーマンスメタデータでロックされているスペースの上限があります。上限に違反すると、後続のすべての削除は、ブログファイルに添付されずに同期的に( CPS で)実行されます。 
    • 上書き用の上限 : 3%
    • 穴パンチ( SCSI UNMAP )の上部キャップ : 2%
    • ゾンビの上部キャップ : 5%

メモ :上記の例はすべてファイルの削除を対象としていますが、ボリュームブログも上書きや穴開けに似た方法で機能します。 

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.