メインコンテンツまでスキップ

移動後にボリューム名の末尾に (1) が追加されるのはなぜですか。

Views:
56
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • クラスタ Data ONTAP

回答

volume move コマンドを実行して、同じノード内のアグリゲート間で既存のボリュームを移動する場合は、移動するボリュームの名前の (1) 末尾になどの番号が付加されます。これは個人の命名規則に影響する可能性がありますが、システムの動作に悪影響を及ぼすことはありません。

SVMごとに同じボリューム名が設定されている場合も、ノードレベルで番号が追加されます。「engineering」ボリュームを含むCIFS SVMと  「engineering」ボリュームを含むNFS SVMが同じノードにある場合、どちらのSVMに (1)  volume showもノードレベルからが追加されますが、クラスタレベル(の場合)からはどちらも「engineering」と表示されます。

を使用すると volume move、ボリュームの名前を変更できますが、元のボリュームは削除されます。複数のSVMで同じ名前を使用している場合 rename 、このコマンドは機能しますが、末尾に番号が付加されます。

volume rename -volume <volume_A> -vserver <Vserver_name> -newname <volume_newname>

追加情報

内の番号 ()name-ordinal ボリュームから呼び出されます。name-ordinal がの場合、 baseノードボリューム名はクラスタシェルボリューム名と同じになります。

::> set adv
Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when directed to do so by NetApp personnel.
Do you want to continue? {y|n}: y

::*> vol show -vserver svm1 -volume vol_moved -fields name-ordinal
vserver   volume        name-ordinal
--------- ------------- ------------
svm1     vol_moved   1

::*> node run -node local -command vol status vol_fp_moved
vol status: No volume named 'vol_moved' exists.

::*> node run -node local -command vol status vol_moved(1)
         Volume State           Status                Options
vol_moved(1)    online          raid4, flex           create_ucode=on, convert_ucode=on,

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.