メインコンテンツまでスキップ

クラスタネットワークレイテンシ - トラブルシューティングガイド

Views:
32
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • 2つ以上のノードで構成されるすべてのFASクラスタとAFFクラスタ

説明

クラスタインターコネクトとは何ですか?
  • 「クラスタインターコネクト」または「クラスタネットワーク」とは、クラスタ内のノード間の通信を可能にするイーサネットネットワークのことです。
    • このネットワークは  、単一のクライアントとマルチノードクラスタの管理ビューを提供するために使用され、
    • クラスタのネットワークインターフェイスに接続したクライアントは、    データが配置されているノードに関係なく、アクセス可能なStorage Virtual Machine(SVM)内のデータにアクセスできます。
    • 要求に対するファイルアクセスは、正しいノードに転送され、クラスタネットワーク経由で返されます。  
  • パフォーマンスと耐障害性を向上させるために、NetAppではクラスタインターコネクトのサイズと速度が拡張されました。
    • 現在FAS / AFFプラットフォームでサポートされているイーサネットポートは2~8個で、速度は10GbE、 40Gb、100GbE
異機種混在のクラスタインターコネクトとは何ですか。
同種のクラスタインターコネクト
  • クラスタ内の各ノードに同じ数のクラスタイーサネットポートがある
  • 各ノードのクラスタポートの速度が同じ
  • 4ノードクラスタの各ノードに10Gbイーサネットポートが4つある場合
異機種混在のクラスタインターコネクト
  • クラスタポートの数または速度が一致していない
  • 40Gbイーサネットブレークアウトケーブルを使用する場合、速度は40Gbではなく10Gbとみなされます。
  • 例: クラスタ内に10Gbイーサネットポートを4つ使用するノードと40Gbイーサネットポートを2つ使用するノードがあります。
 
異機種混在のクラスタインターコネクトにはどのような影響がありますか。

メモ :その他の原因に関する記事については、「 Cluster Network Latency - Troubleshooting Guide」(クラスタネットワークのレイテンシ-トラブルシューティングガイド)

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.