メインコンテンツまでスキップ

CPUのシステムパフォーマンスの分析に使用される指標は何ですか。

Views:
326
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8 7-Mode 
  • Data ONTAP 7 以前 

回答

  • CPU は、 Data ONTAP で使用可能な物理リソースタイプの 1 つです。
  • システムパフォーマンスを分析する場合は、システム全体を把握します。
  • ボトルネックを分析する一般的な戦略は、サービス指標(プロトコル / ボリューム / LUN レイテンシ / ワークロード)とコンポーネント指標( CPU 、ディスク IO 、ネットワーク IO )の両方を使用することです。
    • これにより、システム全体を把握し、誤った結論を減らすことができます。
  • CPU リソースに注目すると、作業は次の優先順位に分類されます。
    • 一部のタイプの作業は、背景または非不可欠 / 便宜的とみなされます。
      • つまり、バックグラウンドワークが 1 つ以上の CPU コアを使用している場合、要求が到着すると、優先度の高いワークに効率的に移行します。 
  • また、システムの負荷が増大すると、処理の最適化によって物理 CPU コアの使用率と論理的な CSMP ドメインの使用率の両方を測定するための非線形スケールが生じる可能性があります。これは、複雑なコンピューティングシステムでは正常です。
CPU ボトルネックタイプ

CSMP モデルにより、次の 3 種類の CPU ボトルネックが発生する可能性があります。

  • 平均 CPU コア使用率:すべてのコアの CPU コア使用率の平均測定値が 100% に達しました。
  • 論理ドメインのボトルネック:
    • 論理ドメインの同時実行数が上限に達しました。
    • たとえば、論理ドメインの CPU コアが 1 つであり、利用率が 100% に達しているとします。
  • 論理ドメイン間の相互作用:
    • 一部の論理ドメインは相互に排他的であり、別の相関論理ドメインと同時に実行することはできません。
      • たとえばWAFL_ex、は WAFL の並列処理を表し、 Kahuna は WAFL のシリアル処理を表します。
      • これらの 2 つWAFL_ex WAFL_Ex の論理ドメインは相互に排他的です。つまり、 1 つの CPU で Kahuna をアクティブにすることも、 1 つ以上の CPU でアクティブにすることもできますが、 Kahuna と同時にアクティブにすることはできません。
    • ワークロードによっては、 KahunaWAFL_ex がで実行できる作業量を制限することもできます。
      • 注: このタイプのボトルネックは、前の状態の単純な変動です。

:物理 CPU コアのボトルネックは、ドメインのボトルネックや平均的な CPU ボトルネックに達することなく発生することはありません。したがって、物理 CPU 使用率を直接監視することは効果的ではありません。

cpu_busy: Data ONTAP 8.2.1 以降では CPU 利用率を表すアルゴリズムが変更され、 CPU コアの総数に基づくアルゴリズムが変更になりました。 

  • 20 個以下の CPU コアcpu_busyのうち、大きい方の値を返します。
    • すべての CPU コアの平均 CPU 利用率()avg_processor_busy

    • 同時実行数が 1 の最もビジーなドメインの CPU 利用率

  • >= 36 CPU コアcpu_busy で、以下の 3 つの値のうち最も高い値を返します。36 個以上の CPU コアを搭載したプラットフォームでは、これらの CPU コアは 2 つのパーティションに均等に配置されます。

    • 最初のパーティション( WAFL 以外のパーティション)の平均 CPU 利用率

    • 2 番目のパーティション( WAFL パーティション)の平均 CPU 使用率

    • 同時実行数が 1 の最もビジーなドメインの CPU 利用率

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.