メインコンテンツまでスキップ

アダプティブ QoS とは何ですか?また、どのように機能しますか?

Views:
1,691
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.3以降
  • アダプティブQoS(AQoS)
  • Active IQ Unified Manager(AIQUM)
  • NetAppサービスレベルマネージャ(NSLM)

回答

  • アダプティブQoSでは、QoSスループットの下限と上限(最小スロットル制限と最大スロットル制限)を使用して個 々 のボリューム制限を設定します。
    • 下限は、Bullyワークロードがワークロードのリソースを奪うのを防ぐために使用される
      • これにより、ワークロードのIOPSやMB/秒が最小値を下回らないようにすることができます。
      • AQoSは、上限または従来のQoSポリシーの逆のものと考えてください。AQoSは、ポリシーが適用されているワークロードから他のワークロードがリソースを消費しないようにします。
    • 上限は、ビジーなワークロードを制限して、他のワークロードからリソースが奪われないようにするために使用されます。
  • アダプティブQoSはボリュームサイズに基づいて動的に実行されるため、10GBのボリュームの下限と上限は10TBのボリュームとは異なります。
    • つまり、上限は、1)想定IOPS、2)最大IOPS、3)絶対最小IOPSのいずれか大きい方です。
      • 想定またはピークは、使用スペースまたは割り当てスペースが設定されているかどうかによって決まります。計算する場合は、次の点を考慮してください。
    • 下限は、絶対最小IOPSを下回っていないかぎり、常に想定IOPSです。
  • 通常のQoSと同様、AQoSはクラスタ全体のプロセスであり、I/Oがクラスタ内のどのノードのLIFにも影響する可能性がある
用語
アダプティブ QoS 動的なQoSの上限と下限は、使用済みまたは割り当て済みのボリュームサイズに基づいて拡張または縮小されます。
スループットの下限(最小) 保証されたスループットの測定値(IOPSまたはMB/秒)。フローリングでないワークロードの方が、フローリングでないワークロードの方が優先されないようにします。
スループットの上限(最大) ボリュームに割り当てられるIOPSのハードリミット(通常のQoS)
想定 IOPS スループットの下限値(テラバイトあたりのIOPS)(特に指定がない場合)
絶対最小IOPS

IOPスループットの下限。想定IOPSが低すぎて想定IOPSまたは最大IOPSよりも優先される場合に使用されます。

例: デフォルトのアダプティブQoS「バリュー」ポリシーグループが設定された10GBのボリュームの下限は75 IOPSで、想定1.28 IOPSではありません。

ピーク IOPS
  • テラバイトあたりのIOPSの値(特に指定がないかぎり)は、想定よりも大きい場合の上限と絶対最小IOPSです。
  • 例:
    • 使用済みスペースが566.66GBの1.23TBのボリュームが、デフォルトの Extreme ポリシーで作成されています。
    • 想定IOPSと最大IOPSは7、560 IOPSで同じです。理由:
      • 使用済みスペース×12288(最大IOPS×使用済み)= 6、800 IOPS
      • 割り当てスペース×6144(想定IOPS×割り当て済み)= 7、560 IOPS
      • ピークIOPSが6、800 < 7、560 IOPSであるため、ピークIOPSは7、560 IOPSに切り上げられます。
割り当て済みスペース
  • AQoS制限は
  • 計算値を表示するコマンド:
    • volume show -fields total
    • df -g .snapshot 行を含まない
使用済みスペース
  • これは、Snapshotオーバーフローを含む論理スペースであり、Storage Efficiencyによるスペース削減は含まれません。
  • 計算値を表示するコマンド:
    • volume show -fields logical used
ヘッドルーム

注:計算値は qos workload show -instance コマンドで確認できます。

Cluster::> qos workload show -instance Workload Name: aqos1-wid32444 ... Maximum Throughput: 1425IOPS
ポリシーグループ expected-iops 最大IOPS absolute-min-iops expected-iops-allocation peak-iops-allocation
最高レベル 6、144 IOPS/TB TBあたり1、288IOPS/TB 1、000 IOPS 割り当て済みスペース 使用済みスペース
performance TBあたり2、048 IOPS 4、096 IOPS/TB 500 IOPS 割り当て済みスペース 使用済みスペース
value TBあたり128 IOPS TBあたり512 IOPS 75 IOPS 割り当て済みスペース 使用済みスペース
 
 
QoSの下限と上限は、どのようにしてスロットルするタイミングを決定しますか。
  1. 下限のないボリュームのIOPSはキューに追加されます。Best effort
  2. 下限があるボリュームのIOPSは締め切りキューに配置される
  3. 下限が設定されたボリュームのIOPSは、dbladeに下限が設定されていないボリュームよりも優先されます。ただし、これらのボリュームのワークロードがfloorの値未満である場合に限ります。
  4. 下限を超えたボリュームのIOPSは、下限のないボリュームと同様に扱われます。
    • 遅延センター内のIOPSキュー(最小QoS)
    • このキュー内のIOPSは、Best Effortキューに下限のないボリュームのIOPSと一緒に扱われます。
  5. CPUがヘッドルーム値を上回っている場合:
    1. CPUヘッドルームの最適ポイントを下回ると、Best Effort IOPSがDeadline IOPSになる
    2. ONTAP 9.6以下では、CPUヘッドルームの最適ポイントを超えると、期限のIOPSは低くなる可能性がありますが、ベストエフォートIOPSよりも優先されます。
    3. ONTAP 9.7以降では、CPUヘッドルームの最適ポイントを超えると、期限のIOPSは最適ポイントを下回る値と同じ値になり、ベストエフォートIOPSはより重く調整されます。
  6. スループットの上限に達しているボリュームのIOPSは、その値でハードスロットルされます。

追加情報

  • ここでは、スペース使用量とスロットルレベルの比較例をいくつか示します。
    • 想定IOPS = 128/TB
    • 最大IOPS = 512/TB
    • 絶対最小IOPS = 75
    • 想定IOPS =割り当てスペース
    • 最大IOPS =使用スペース

ボリューム サイズ

格納データ

QoS最小IOPS(SSDアグリゲートのみ)

QoS 最大 IOPS

1 GB

0GB

75(絶対最小)

75(絶対最小)

1TB

0 TB

128(想定)

128(想定)

1TB

.1 TB

128(想定)

128(想定)

1TB

0.2TB

128(想定)

128 (想定)

1TB

0.3TB

128(想定)

154(最大)

1TB

0.5TB

128(想定)

256(最大)

1TB

1 TB

128(想定)

512(最大)

2TB

2TB

256(想定)

1024(ピーク)

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.