メインコンテンツまでスキップ

バックツーバック( B2B )整合ポイントのシナリオは何ですか。

Views:
153
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7

回答

  • NetApp ストレージコントローラには、書き込みデータの受け入れとロギングのための 2 つのバッファがあります。
  • ストレージコントローラは、このバッファ書き込みシナリオが原因で、アグリゲートごとに一度に処理できる整合ポイント( CP )は 1 つだけです。
  • 整合ポイントプロセスは次のとおりです。
    • グローバル-すべての書き込みが整合ポイントを経由します(各アグリゲートあたり)。
    • アトミック-変更されたデータはすべてRAM内でダーティとみなされるため、ディスクにフラッシュしてクリーンアップする必要があります
  • 特定の状況では、 1 つの CP が処理されてディスクに書き込まれている間、 2 番目のメモリバッファが、前の CP が完了する前に新しい CP をトリガーするウォーターマークに達する可能性があります。
    • 書き込みがCPUやディスクよりも高速に到着した場合は、次の処理が可能です。
      • NVLOGデータの内部制限に達しました
      • 書き込みバッファが解放されるまでユーザ書き込み処理に対する応答がないと、書き込みレイテンシが増加します
    • このシナリオでは、NVLOGプロセスは原因 ではなく、CPUやディスクのリソースが過剰に消費されているためセカンダリボトルネックになっています
  • ほとんどの場合、ストレージコントローラが受信書き込み要求を一時停止する必要がある時間はミリ秒で、環境に大きく影響することはありません。
    • ただし、以下のカテゴリのいずれかまたは両方に分類されるストレージコントローラでは、全体的なパフォーマンスへの影響が望ましくない場合があります。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.