メインコンテンツまでスキップ

Cloud Secure のFPolicyに関するベストプラクティスと推奨事項

Views:
48
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • CIFS
  • NFS
  • Cloud Secure
  • FPolicy

回答

Cloud Secure FPolicyの導入に関するベストプラクティスと推奨事項を教えてください。
Cloud Secure 固有の推奨事項:
  • ONTAP SVMデータコレクタの設定 - Cloud Insight \ Cloud Secure Data Collectorベストプラクティスの「開始する前に」のセクションに従ってください
  • 最適なパフォーマンスを得るために、FPolicyサーバをストレージ システムと同一のサブネットに設定することを推奨します。
ネットアップ固有の推奨事項:
  • Cloud Secure 外部エンジンの場合、send-buffer-sizeを1MB以上に設定します

    • Cloud Secure UIで、「ONTAP 送信バッファサイズの設定」(1MB ~ 6MB)を設定できます。

  • レイテンシの潜在的な影響を軽減するには、アボートタイムアウトを低く設定します(例:5s)。

コレクタとSVMの間に大量のレイテンシが発生すると、TCP確認応答で原因 が遅延し、ごくまれにレイテンシに影響する可能性があります。

接続に問題がある場合や、コレクタでCPUが不足した場合のエンドユーザの遅延を軽減するには、「要求を破棄するタイムアウト」を40~5秒に短縮することを推奨します。

この値はCloud Secure によって自動的に設定されます。

一般的な推奨事項:

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.