メインコンテンツまでスキップ

NFS でジャンクションされたボリュームにクライアントからフルコントロールを付与し、 SVM のルートボリュームへのアクセス(読み取りアクセスも含まない)を禁止する方法

Views:
59
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

環境

clustered Data ONTAP

説明

一部の NFS シナリオでは、クライアントが特定のジャンクションされたボリュームにアクセスして読み取り / 書き込み(ルートの引き下げがあるかどうかに関係なく)を実行できるようにするために必要ですが、 SVM のルートボリュームへの読み取りアクセスは許可されていません。

ジャンクションされたボリュームにアクセスできるようにするには、 NFSv4 クライアントに、ジャンクションツリー内のすべてのジャンクション、つまり SVM のルートボリュームに対する実行権限が常に必要です。NFSv3 クライアントでは、ネームスペース内の親オブジェクトに対する実行権限は必要ありませんが、マウント権限が必要です。

ジャンクションされたボリュームへのクライアントのフルアクセスを許可する必要がある手順ですが、ルートボリュームへの読み取りアクセスは許可しないようにする手順を次に示します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.