メインコンテンツまでスキップ

ONTAP で FPolicy を使用すると、 NAS にどのようなパフォーマンス上の影響がありますか。

Views:
93
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • clustered Data ONTAP 8     
  • ONTAP 9 

回答

  • FPolicyのパフォーマンスオーバーヘッドは、多くの要因に左右されます。

FPolicyのパフォーマンスに影響する要因は何か

  • 監視対象の操作数(読み取る、開く、閉じるなど)
  • 登録されたFPolicyサーバ数(ロード シェアリング)
  • 同じ操作をスクリーニングするポリシーの数
  • ストレージ システムとFPolicyサーバ間のネットワーク帯域幅(スクリーニング要求の応答時間)
  • FPolicyサーバの応答時間
  • 特定のFPolicy解決策に関するホワイトペーパーおよびテクニカルレポートに記載されているベストプラクティスとサイジングに関する考慮事項に従ってください。
  • 特定の アクティビティがFPolicyのパフォーマンスにどのように影響するかを検討し、 次のシナリオでFPolicyを非アクティブ化します。
    • NetApp ストレージシステム 間で大規模なデータ移行を実行する場合(ファイルの大規模な書き込みまたは変更)
    • 大規模なメンテナンスにより、通常のIOパターンが長時間にわたって急激に増加する可能性がある
    • VMデータストアまたはSQL Serverデータストアがで通知される場合は、FPolicyを使用する際には注意が必要です 。これは、VMデータストアまたはSQL Serverデータストア 人間がアクセスすることはなく、人間が生成したデータをホストすることもないためです。FPolicyをアクティブにすると、 ストア上のリソースの使用量が増加し、ストア を使用するアプリケーションのパフォーマンスに影響する可能性があります。
  • 9.2より前のバージョンでは 、
     NFSにはfirst_readおよびfirst_writeフィルタに相当するフィルタがないため、NFSv3トラフィックにCIFSトラフィックよりも多くの影響があります。つまり、最初の読み取り処理だけでなく、その読み取りのすべてのパケットがスキャンされます。(バグ#858682を参照 [1]
  •   FPolicyサーバの過負荷を検出して影響を軽減する方法については、fpolicy.logで表示されるKB FPolicy EAGAINエラーを参照してください。
    レイテンシと要求は、perfstatまたはCLIを使用して確認できます。
    • ONTAP:
      ::*> statistics start -object fpolicy -sample-id vserver
      ::*> statistics start -object fpolicy_policy -sample-id policy
      ::*> statistics start -object fpolicy_server -sample-id server

      ::*> statistics show -sample-id <sample-id_name> (出力されます)

 

Active IQシステムリスク検出

™ ストレージシステムでAutoSupportを有効にしている場合は [2]  、Active IQポータルに、お客様、サイト、およびシステムレベルの詳細なシステムリスクレポートが表示されます。このレポートには、特定のリスクがあるシステム、重大度レベル、および軽減アクションプランが表示されます。これらのアラートのいずれかの結果として、この記事を読んでいる可能性があります。

システムでFPolicyが有効になっていて、接続されているFPolicyサーバがない場合は、FPolicy解決策が有効になっているが切断されていることによるパフォーマンスへの影響を回避するために、システムにフラグが設定されている可能性があります。状況を解決するか、 FPolicyの設定が 使用されなくなった場合は削除するように対処する必要があります。

 

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.