メインコンテンツまでスキップ

ONTAP とDCの間の通信に使用するSMBのバージョンを教えてください。

Views:
367
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • CIFS / SMB
  • DC接続

回答

ONTAP とDC間の通信のためにネゴシエートされるSMBのバージョンは vserver cifs security、以下のパラメータの値によって設定に左右されます

  • の値is-smb1-enabled-for-dc-connectionsがtrueまたはsystem-defaultの場合、SMB1はネゴシエーションに使用できます
  • の値is-smb2-enabled-for-dc-connections がtrueまたはsystem-defaultの場合、SMB2をネゴシエーションに使用できます
  • encryption-required-for-dc-connectionsの値がtrueの場合、セッションにはSMB3のみを使用できます
    • この値は、前の2つよりも優先されます
    • 暗号化はSMB3でのみサポートされます

追加情報

  • ONTAP 9.8では、encryption-requireed-for-dc -connectionsオプションが導入されました
  • このオプションのデフォルト値は、ONTAP のリリースによって異なります。9.8時点ではsmb1がfalseで、SMB2はシステムデフォルト(true)であり、暗号化はfalseです
  • ONTAP のアップグレードによって、新規に作成したSVMのデフォルト設定が変更される可能性がありますが、既存のSVMの場合は、これらのオプションは変更されません
  • SMB1 の使用は廃止され、今後のリリースでは削除される可能性があります
  • vserver cifs securityコマンドの詳細については 、ONTAP 9のドキュメントを参照してください

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.